猪子石城(いのこしじょう)

猪子石城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県名古屋市名東区神月町(月心寺、神明社)

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

横地秀次

築城年

不明

主な改修者

主な城主

横地氏

廃城年

天正12年(1584)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

竜泉寺城(愛知県名古屋市)[3.7km]
末森城(愛知県名古屋市)[4.1km]
守山城(愛知県名古屋市)[4.1km]
新居城(愛知県尾張旭市)[4.5km]
上条城(愛知県春日井市)[5.5km]

猪子石城の解説文

猪子石城(いのこしじょう)は、現在の名古屋市名東区にあった日本の城(平城)。

概要
香流川の北岸に築かれ、東西約90m、南北110mの規模で、現在は月心寺と神明社の境内となっている。かつては2重の堀をめぐらせてあったと伝わっている。

室町時代前期に遠江から移ってきた横地氏の城。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで、城主横地秀次が羽柴秀吉方の池田恒興らの案内役を務めるが、敗れて美濃方面に逃走した後に廃城となった。

参考文献
平井聖 『日本城郭体系』9、新人物往来社、1979年、286頁。ASIN B000J8HHFO。

猪子石城の口コミ情報

高機動型右大臣いしじぃ様[2017年04月14日]
城郭跡地は保育園となっており入城は難しいですが
南の香流川は四季を感じられる桜の名所です。

ひさの尾張守様[2013年10月19日]
となり町の長久手市には、大草城址ありますよ。堀切跡残っています。

ひさの尾張守様[2012年10月27日]
同じ名東区では近くの柴田勝家が生誕の下社城址(現在、明徳寺)の方が見応えありますよ。

尾張守ひろっちぃ様[2012年10月21日]
地図上では月心寺周辺だそうです。遺構は殆ど残っていませんでした

三河守コーキしゃん様[2010年10月18日]
遺構は特に残っていませんでした

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore