山中城(やまなかじょう)

山中城の基本情報

通称・別名

所在地

静岡県三島市山中新田

旧国名

伊豆国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

北条氏康

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

北条氏政

主な城主

松田氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀

指定文化財

国史跡(山中城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

箱根関(神奈川県足柄下郡)[4.9km]
土肥城(神奈川県足柄下郡)[8.2km]
鷹の巣城(神奈川県足柄下郡)[9.5km]
長久保城(静岡県駿東郡)[9.6km]
泉頭城(静岡県駿東郡)[10.1km]

日本100名城・続日本100名城スタンプ情報

番号・名称

40 山中城

設置場所

山中城跡売店前[地図

山中城の解説文

山中城(やまなかじょう)は、静岡県三島市山中新田(伊豆国田方郡山中)にある中世の山城跡で、国の史跡に指定されている。

概要
北条氏によって築城され、小田原城の支城として位置づけられる。箱根十城のひとつ。

三島市によって当時を反映した整備改修がなされ、堀や土塁などの遺構は風化を避けるため、盛土による被履の上芝を張って保護し、畝堀や障子堀の構造が明確に把握できるように整備されており北条氏の築城方法を良く知ることのできる城跡となっている。

また、北条氏滅亡と共に廃城となったため、北条氏独特の城郭の構造を多く残していることが注目される。

歴史
永禄年間(1558年 - 1570年)に北条氏康により築城される。北条氏の本拠地である小田原の西の防衛を担う最重要拠点で、城は東海道を取り込む形で造られていた。

北条氏政の代に豊臣秀吉との関係が悪化すると、山中城は改修し防備を固めることになるが、結局間に合わず未完成のまま豊臣軍を迎える。

1590年、小田原の役で豊臣秀次率いる7万の軍勢が山中城を攻撃、城将松田康長ら4千は奮戦し、豊臣方も部将の一柳直末など多くの戦死者を出すものの、猛烈な力攻めの結果わずか半日で落城し、松田以下城兵はほとんど討死した。戦後、城は廃止された。

1930年に国の史跡に指定された。1973年から三島市が公園として整備をはじめ、合わせて学術的な調査もなされた。

2006年4月6日、日本100名城(40番)に選定され、2007年6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。

交通...

山中城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。