山中城(やまなかじょう)

山中城の基本情報

通称・別名

所在地

静岡県三島市山中新田

旧国名

伊豆国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

北条氏康

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

北条氏政

主な城主

松田氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、堀、土塁

指定文化財

国史跡(山中城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

箱根関(神奈川県足柄下郡)[4.9km]
土肥城(神奈川県足柄下郡)[8.2km]
鷹の巣城(神奈川県足柄下郡)[9.5km]
長久保城(静岡県駿東郡)[9.6km]
泉頭城(静岡県駿東郡)[10.1km]

山中城の解説文

山中城(やまなかじょう)は、静岡県三島市山中新田(伊豆国田方郡山中)にある中世の山城跡で、国の史跡に指定されている。

概要
北条氏によって築城され、小田原城の支城として位置づけられる。箱根十城のひとつ。

三島市によって当時を反映した整備改修がなされ、堀や土塁などの遺構は風化を避けるため、盛土による被履の上芝を張って保護し、畝堀や障子堀の構造が明確に把握できるように整備されており北条氏の築城方法を良く知ることのできる城跡となっている。

また、北条氏滅亡と共に廃城となったため、北条氏独特の城郭の構造を多く残していることが注目される。

歴史
永禄年間(1558年 - 1570年)に北条氏康により築城される。北条氏の本拠地である小田原の西の防衛を担う最重要拠点で、城は東海道を取り込む形で造られていた。

北条氏政の代に豊臣秀吉との関係が悪化すると、山中城は改修し防備を固めることになるが、結局間に合わず未完成のまま豊臣軍を迎える。

1590年、小田原の役で豊臣秀次率いる7万の軍勢が山中城を攻撃、城将松田康長ら4千は奮戦し、豊臣方も部将の一柳直末など多くの戦死者を出すものの、猛烈な力攻めの結果わずか半日で落城し、松田以下城兵はほとんど討死した。戦後、城は廃止された。

1930年に国の史跡に指定された。1973年から三島市が公園として整備をはじめ、合わせて学術的な調査もなされた。

2006年4月6日、日本100名城(40番)に選定され、2007年6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。

交通...

山中城の口コミ情報

まさ大膳大夫猛虎 様[2017年09月17日]
小田原に宿泊し、早い時間に箱根関訪問、歴史堪能し
てから、バスで山中城へ。

バス停山中で降りて登場口へ。一件のみの蕎麦屋有り。昼食をした。空腹を満たすだけで旨いとは思えない。此処で100名城スタンプ押印可能。

蕎麦屋の道路反対側が登場口、蕎麦屋で貰った案内図で城跡へ。食休みせずに登リ始めたから、2の丸手前で苦しくなり、斜面を背に暫し食休み。

本丸付近の障子堀よりも、西の丸周りの障子堀が、迚美しいです。

トイレは、蕎麦屋脇、西の丸南にあります。

帰りは、蕎麦屋から15分位、下り坂を下ってバス停が有ります。そのバス停が、山中城バス停で蕎麦屋の所には停留所は有りません。

鼓舞左衛門督勘助様[2017年07月17日]
先月6月に三島スカイウォーク見学の帰りに国道1号を通って小田原に向かっておりましたが、山中城手前にバイパスが開通してまして、城跡入口前を通らず(城の北側を廻って)行ける様になってしまいました。道も良くなって便利なのですが、城好きとしては複雑な気持ちに。

野舘宮内少輔サラマンダー様[2017年05月30日]
2017年5月30日11時55分(3時間20分)

三島駅からバスで行き、山中城跡で降りました(約30分)
反対車線にある売店では山中城のパンフレットがあります(無料)
帰りの三島駅行きのバスの時間もこちらで確認が出来ます

私はのんびりと写真を撮影しながら城攻めしたので時間が掛かりましたが、パンフレットには二時間と書かれています
あとパンフレットに休憩所と書かれた場所に、トイレは無いのでご注意を!!
トイレはバス停近くの広場と売店の所と、西木戸と書かれた一番西側にあります

とにかくおなか一杯です
とても素晴らしい山城でした~

こうひろ様[2017年05月03日]
パンフレットには時計回りでルート設定
されてますが、神社参道を起点に反時計
回りをお薦めします。

参道脇の二ノ丸まで続く大堀切は圧巻で
障子堀と違う面を見せてくれます。

本丸から西ノ丸にくると城全景を俯瞰
出来てちょっと違う面も楽しめます。

混雑している時も人と逆方向なので
自分のペースで歩けるのもメリットです。

こうひろ様[2017年05月03日]
城周辺の史跡の紹介です。
神社歩道橋脇から箱根旧街道に入れます。
売店裏にもありますが、こちらの方が
人がいないのでより雰囲気を味わえます。

さらに進むと国1を渡り、民家庭先を横切ると箱根八里天下の険が始まります。

旅人を供養した念仏石、明治天皇が休憩
され腰掛けた石、秀吉公が兜を掛けた
かぶと石、接待茶屋跡と一里塚等。
帰りには施行平の絶景もお薦めです。
標識や簡易トイレもあります。

山中城から箱根関所まで往復するつもり
でしたがヘタレなので折り返しました。

ブラブラで一時間半程度です。
昔の旅人は本当に健脚です。

【単騎駆】右衛門督かげちゃん様[2017年04月16日]
樹齢約650年の赤樫の木ですが、兵糧庫跡の隣の諏訪神社境内にあります。もしかしたら、今川・武田との戦いや北条早雲さんの伊豆・相模攻略戦も見ていたかもしれないです。

右兵衛尉 雑賀党 葛葉頼廉様[2017年03月19日]
城内のトイレは凍結して使用不可 冬の山城特有か! 駐車場のトイレは使えました

小笠原内蔵頭様[2017年03月02日]
秀吉の小田原征伐で僅かな手勢を率いて城主を逃し討死した間宮康俊の子孫が間宮林蔵だそうです。樺太を調査した方です。間宮海峡の名前が残るというのも何やらロマンを感じます。僕だけかなぁ笑

ソバッソ店長様[2016年03月31日]
障子掘が有名ですが、オススメは旧箱根街道との位置関係

神奈川と静岡の境に位置し、街道の抑えの役割を果たします
岱崎(たいさき)出丸側の切岸、堀に巻きつくよう旧道が伸び、行軍部隊を食い止める役割やったと
登城前に下調べをすると、城郭の防御機能が物見的に併用出来る事が分かって楽しいです

さて城郭ですが、堀や斜面や地面は芝生保護してあるが、してない所を靴でグイグイ踏んでみたら弾力のある密度の高い土って印象でした
これが噂の関東ロームかと
粘土質なのかと
斜面を登ろうとするヤツらは滑って落ちてしまい、障子掘の中で狙い撃ち

北条系ですが、橋渡し角馬出しの配置は武田系城郭を思わせる作りで、見所満載でした
箱根のくっそ峠の中に、こんだけの城郭を作った北条は、本気で豊臣を迎え撃つつもりやったんでしょうね(豊臣以前の武田今川への備えの意味合いも強いでしょうが)

しかし国境の土地はホントかわいそう
全然基地にされ、強固な城郭を備えるが、戦火に巻き込まれやすい
豊臣に攻められた時はタコ殴りやったやろうなー

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年03月12日]
三島駅から山中城跡までバスで約30分610円です(平日一本/1h・土休日二本/1h)。運転手の話によると、特に土休日は三島大吊橋へのハイキング客で混雑するそうです。
箱根に抜けず折り返すなら「みしまるきっぷ」を利用するのがお勧めです。(900円/柿田川湧水公園~三島駅~箱根峠などがフリー)

山中城跡バス停、行きは百名城スタンプのある案内所近くにありますが、帰りは下の駐車場付近にあるので注意が必要です。散策ルート的に帰りは一つ箱根寄りの山中バス停利用がおすすめです。

ŧ‹”ŧ‹”。様[2015年08月24日]
かなり壮大な山城。
保存のため芝生が張られており
庭園風なイメージが感じられますが
築城当時は、もちろん土。
攻め手側からすれば、畝の段々の土壁はかなり威圧されたと想像します。
障子堀に落ちれば、上の曲輪より狙われ助からなかったであろう。
その障子堀の底には、排水溝が見られ工夫されています。
広い城郭ですが、周回するように廻れるため面積の割りには
無駄なく見学出来る造りになっており、随所に案内板もあります。
諏訪神社から、国道に出て反対側のすりばち曲輪を見るため
路肩を歩いたのですが、歩道が狭く大型車が通る度にヒャッとしました。
畝堀や障子堀の他にも、曲輪の周りの空堀も高さと長さは申し分なし!
しかも無料で見学出来るとは
三島市に感謝。
城の保存と日々の除草作業に改めてお礼を申し上げます。

御狐神治部卿双熾様[2015年07月05日]
障子堀がすごく綺麗で素敵です♪
寒ざらし団子は五平餅のような味でした。スイーツでは無いので甘いのを想像している人は注意が必要。
あと、ここの100名城スタンプは2種類あり片方にトラップが仕掛けられてるので逆さまに押さないように試し押しした方がいいと思います(^^)b

石工集団穴太衆様[2015年04月27日]
山中城址北の丸堀のすぐ横道路工事中で堀のすぐ横をトンネルが作られています、遺構は大丈夫なのか

ラングラー隼人佑様[2014年08月29日]
早朝に訪ねたのですが、霧がかかって神秘的でした。
畝堀や障子堀は素晴らしかったです。

左衛門督滝の道ゆずる様[2013年09月10日]
半月ほど前の情報ですが。
100名城スタンプは、設置場所の茶屋の外のベンチと屋内に一つずつあります。
外は朱肉を使う判子タイプ(色は薄いかも)
屋内はシャチハタタイプ(滲むであろう感じに濃いめ)
です。

tomm加賀守様[2010年10月07日]
100名城スタンプのある山中城跡案内所売店は、パンフレットもあり寒ざらし団子も美味しいですが、営業時間(10〜16時)より早めに閉まるので注意が必要です
城の石碑は西木戸にあり、そのすぐ近くには富士山展望スポットもあります。
また御馬場曲輪の方から眺める三島市の夜景は綺麗ですよ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore