小丸山城(こまるやまじょう)

小丸山城の基本情報

通称・別名

所在地

石川県七尾市馬出町(小丸山公園)

旧国名

能登国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

築城主

前田利家

築城年

天正10年(1582)

主な改修者

主な城主

前田氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

七尾城(石川県七尾市)[4.7km]
二穴城(石川県七尾市)[9.0km]
石動山城(石川県鹿島郡)[9.2km]
金丸城(石川県鹿島郡)[14.8km]
森寺城(富山県氷見市)[15.3km]

小丸山城の解説文

小丸山城(こまるやまじょう)は、かつて能登国能登郡(現在の石川県七尾市)に存在した城である。

概要
前田利家の能登入りから金沢へ拠点を移すまでの間、政治経済の中心地であった。現在は公園として整備され、春にはソメイヨシノ、シダレザクラなどが見られる桜の名所となっている。

歴史
織田信長の指示により越前国府中から能登国の領主となった利家は1581年、七尾城に入城した。

七尾城は山城のため、防御上は利点があったが港から離れていた事から治世・経済上の利便性に難があった。そこで利家は七尾港に近い所口村の小丸山に城を築くことを決定した。1582年に築城。周囲に29の寺院(山の寺寺院群)を建立し、守りを補った。

1583年、利家が尾山城へ本拠を移した後、兄の前田安勝が七尾城代として居住した。1615年、一国一城令に従い廃城。

1920年、小丸山公園として整備される。

形式と構造
北側に七尾湾、東西を御祓川に囲まれた丘陵地帯に位置する平山城で、梯郭式の曲輪が配置されている。廃城に伴って建築物が撤去されており、土塁に当時の面影が見られる。

曲輪
本丸
: 現在は第一公園として整備されている。当初は城址石碑のみ設置されていたが、NHK大河ドラマ「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」の放映決定を受けて、2001年に利家と妻・芳春院(まつ)の銅像「前田利家松子之像」が設置された。櫓(巽櫓、坤櫓)跡には日像上人の銅像が設置されている。
...

小丸山城の口コミ情報

まー蔵人頭様[2015年08月05日]
現在は小丸山公園に整備されており堀跡も遊歩道に変わってる。周辺も住宅地や道路に変遷している。本丸跡の銅像や石碑くらいしか見るべきものはないかも。無料駐車場有り。

あぶり太閤ガラポン行くよ様[2012年05月23日]
小丸山公園南側の国道沿いに無料の観光駐車場あり

んな摂政な!マイリバ様[2011年10月03日]
大河ドラマ放送に先立ち、平成13年に「前田利家松子之像」が設置されていますが、利家の右手が何とも不自然な角度で止まっています
見る角度を変えると・・・あ〜ら不思議!「アイーン」だ

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月23日]
[武将像]利家と松像
本丸に立像。馬セット。

tomm加賀守様[2010年07月07日]
先日、イメージキャラクターの「コン丸」がデビューしました!

鯰尾兜をかぶった7本の尾を持ったキツネですw

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore