森寺城(もりでらじょう)

森寺城の基本情報

通称・別名

湯山城、井山城、井口城

所在地

富山県氷見市森寺城山

旧国名

越中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

畠山氏

築城年

永正年間(1504〜1521)

主な改修者

主な城主

畠山氏、長沢氏?、湯山続甚、河田主膳(上杉氏家臣)、佐々氏、斎藤信利

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切、竪堀、井戸、櫓台

指定文化財

市史跡(森寺城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

阿尾城(富山県氷見市)[4.4km]
石動山城(石川県鹿島郡)[6.4km]
池田城(富山県氷見市)[9.0km]
七尾城(石川県七尾市)[11.3km]
金丸城(石川県鹿島郡)[11.5km]

森寺城の解説文

中世の史料に「湯山」として登場する氷見市内最大の山城。

16世紀初め頃、能登畠山氏の支城として築かれ、その後上杉謙信・佐々成政が利用した。城中心部には河原石を用いた石垣がよく残されており、発掘調査では幅3メートルの石敷きの大手道が確認された。

これらは佐々成政による改修によって築かれたと考えられ、織田信長の天下統一事業の足跡を残す遺構として注目されている。

情報提供:氷見市教育委員会教育総務課

森寺城の口コミ情報

ŧ‹”ŧ‹”。様[2012年10月28日]
中世の山城。土塁も多く、石垣や井戸の保存状態もよく、屋敷跡やいくつもの曲輪もあり。本丸はこの時代のものなのでやや小ぶり。草刈り等の手入れはされていて◎
案内板の看板の補修を望む。
季節で、蚊・蜂・イノシシに注意!!

常陸入道ねんさい美作守様[2012年07月01日]
事前の下調べだと、森寺の集落から大手口経由で城に行けるとの事だがわからず、森寺の集落を抜け、川沿いの田畑を北にその後登り道をまっすぐ、ひらけた場所に着いて、道がなくなるあたりに駐車場あり、そこから城に入る。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore