森寺城(もりでらじょう)

森寺城の基本情報

通称・別名

湯山城、井山城、井口城

所在地

富山県氷見市森寺城山

旧国名

越中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

畠山氏

築城年

永正年間(1504〜1521)

主な改修者

主な城主

畠山氏、長沢氏?、湯山続甚、河田主膳(上杉氏家臣)、佐々氏、斎藤信利

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切、竪堀、井戸、櫓台

指定文化財

市史跡(森寺城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

阿尾城(富山県氷見市)[4.4km]
石動山城(石川県鹿島郡)[6.3km]
池田城(富山県氷見市)[9.0km]
七尾城(石川県七尾市)[11.4km]
金丸城(石川県鹿島郡)[11.5km]
飯久保城(富山県氷見市)[11.7km]
守山城(富山県高岡市)[14.2km]
小丸山城(石川県七尾市)[15.3km]
古国府城(富山県高岡市)[15.4km]
末森城(石川県羽咋郡)[18.2km]

森寺城の解説文

中世の史料に「湯山」として登場する氷見市内最大の山城。

16世紀初め頃、能登畠山氏の支城として築かれ、その後上杉謙信・佐々成政が利用した。城中心部には河原石を用いた石垣がよく残されており、発掘調査では幅3メートルの石敷きの大手道が確認された。

これらは佐々成政による改修によって築かれたと考えられ、織田信長の天下統一事業の足跡を残す遺構として注目されている。

情報提供:氷見市教育委員会教育総務課


森寺城の口コミ情報

2022年10月26日 RED副将軍
森寺城



土塁・堀切・竪堀・石垣・井戸・屋敷跡などフルラインナップの巨大な中世山城✨
佐々成政の改修と云われる名城🏯

オススメ度 ★★★★★

築城年代は不詳ですが、永正年間(1504年〜1521年)に能登国守護の畠山氏により越中に進出する際の拠点として築かれたと云われます。
元亀年間(1570年〜1573年)頃は上杉謙信の配下であった長沢光国が城主でしたが能登国穴水城の守備に移ったと云われます。
1577年には、城主が湯山左衛門続甚でしたが上杉謙信により攻略され、上杉家臣の河田主膳が城主として入城。
しかし、1579年には能登国の長連龍によって攻められ落城しました。
1583年には佐々成政が越中に入部。城主として斎藤氏が入城。加賀の前田利家と争うなかで、佐々成政の国境城砦群の拠点となり改修されたと考えられています。
佐々成政が豊臣秀吉に降伏後は前田利家の所領となり、廃城となった様です。

見所
越中三大山城(増山、松倉、守山)に次ぐ大規模な中世山城です。
阿尾川東岸の河岸丘陵に築かれ、越中から能登へ抜ける荒山峠の交通の要衝です。
まず、駐車場から本丸とは逆に進むと中々見事な搦手口があり、いきなりテンション爆上げです。
そして本丸の方へ尾根を進むと土塁が併設された左右三条の食い違いの堀切があります。折れも伴う搦手の厳重な防御線です。
その先には百間馬場があり二ノ丸と本丸に着きます。
二ノ丸虎口と本丸の周囲は石垣で固められていることも特徴的です。
その先にはサイダ屋敷、中町、カンジャ屋敷、野崎屋敷といった屋敷跡も良好に整備されています。

行き方は、森寺集落を抜けると森寺城に続く林道があり城域北側の搦手にある駐車場まで楽に辿り着くことができます。
但し、集落内を含めて道幅は狭いのでご注意ください。

2022年04月30日 後藤外記康家
森寺城



堀切、石垣とも見所多い。野崎屋敷跡は戦国期の城ならではの険しさを感じます。

2020年03月15日 越中守松宙右衛門
森寺城

車で行かれる方は、森寺公民館を目指して下さい。
その付近から、森寺城Pの看板が出てきます。
それに従い林道を走ると駐車場があります。
駐車場から、徒歩20分ぐらいで二の丸、本丸に着きます。
駐車場から城散策の道は綺麗に整備されてます。
越中を代表する山城の一つです。

森寺城の周辺スポット情報

 駐車場(駐車場)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore