荒戸城(あらとじょう)

荒戸城の基本情報

通称・別名

荒砥城

所在地

新潟県南魚沼郡湯沢町神立字袖山他

旧国名

越後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

上杉景勝

築城年

天正6年(1578)

主な改修者

主な城主

深沢氏、登坂氏、富里氏、栗林氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀

指定文化財

県史跡(荒戸城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

浅貝寄居城(新潟県南魚沼郡)[12.9km]
樺沢城(新潟県南魚沼市)[13.6km]
今井城(新潟県中魚沼郡)[18.1km]
坂戸城(新潟県南魚沼市)[19.4km]
仙当城(長野県下水内郡)[23.1km]
大井田城(新潟県十日町市)[28.7km]
小川城(群馬県利根郡)[29.2km]
部谷沢城(長野県下高井郡)[30.8km]
室野城(新潟県十日町市)[31.0km]
名胡桃城(群馬県利根郡)[31.9km]

荒戸城の解説文

荒戸城(あらとじょう)は新潟県南魚沼郡湯沢町に存在した日本の城(山城)。城跡は新潟県の史跡に指定されている。

歴史
1578年(天正6年)- 6月27日、御館の乱の際に、後北条氏の侵入を阻止するために上杉景勝が深沢利重・登坂与衛門尉らに命じて築城。
 8月、後北条勢、荒戸城を攻略し落城。
1579年(天正7年) - 3月、景勝荒戸城を奪還する。
1581年(天正9年)- 2月3日、景勝は、樋口与三右衛門兼重・冨里三郎左衛門らを城将に命じた。
1598年(慶長3年) - 景勝、会津移封により廃城。

概略
所在地-新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立字袖山~大字三俣字下峠。
標高-789m
樋口主水助(直江兼続の叔父、湯沢が知行地で居城跡が主水公園になっており、川端康成の文学碑が立っている)
主水山大岳寺(越後湯沢駅前)は、荒戸城で戦死した樋口主水助ゆかりの寺院。。

アクセス
車:関越自動車道湯沢ICより約10分(芝原トンネル手前を左折)
鉄道:上越新幹線越後湯沢駅よりバスで約20分(芝原バス停より徒歩約1時間)

荒戸城の口コミ情報

2019年08月12日 禁3密中務丞ひろぴい◢⁴⁶
荒戸城



荒戸城跡。国道17号の柴原トンネル湯沢側からだとトンネル入口脇道(写真1枚目)を左斜めに入り登っていくと登城口があります。(自分は苗場方向から入口解らず通り過ぎたっす。)車は1台ほど停められるスペースあり。その先にもう一ヶ所登り口はある模様、そちらはもう少し広いスペースがありそうです。
登り始めてすぐ旧三国街道を経て城方向へ(写真2枚目)10分程で遺構が出現、馬出~二の丸~本丸~三の丸とコンパクトですがしっかりと造りがわかる残り具合です。中でも馬出周辺(写真3枚目馬出の虎口と右手竪堀)と三の丸下の空堀(写真4枚目)の造りは良かったです。車で近くまで行けますが、先人の口コミを拝見すると熊さんの痕跡があったり、豪雪地帯なので雪の時期や残雪にも危険がありそうなので訪問時期時間には注意が必要です。

2019年04月29日 龍馬下野守【鹿沼入道教阿】
荒戸城



ビニールシートは荒戸城看板☆上は削平された郭☆素晴らしい縄張り図に引き寄せられ行くも残雪に行く手を阻まれ遺構が分からずwまた次回リベンジ☆

2017年07月14日 りょうた
荒戸城

時期は5月の連休中でした。トンネル腋の空き地に駐車して徒歩で歩いて行くと看板があり、登ると古道に出ます。一定の広さを保った美しい古道です。更に登ると緩やかな坂道です。ブナ林で光も優しく綺麗でした。たいして登らないうちにそれらしい馬出し。 決して壮大ではないですが、土橋に味があって良いです。 更に本丸に登って南側へ… 本丸を境に南側と北側の郭が分断されてる様で、南側は必死さが伝わる厳しい縄張りです。非常に良く遺構が残っており、山深いが暗くない、神秘的な城跡です。但し、熊の爪痕がありましたのでご注意を


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore