豊島氏館(としましやかた)

豊島氏館の基本情報

通称・別名

豊島清光館

所在地

東京都北区豊島7(清光寺)

旧国名

武蔵国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

豊島清光

築城年

鎌倉時代

主な改修者

主な城主

豊島氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

宮城氏館(東京都足立区)[1.5km]
滝野川城(東京都北区)[2.0km]
平塚城(東京都北区)[2.3km]
稲付城(東京都北区)[2.4km]
平柳蔵人館(埼玉県川口市)[3.4km]

豊島氏館の解説文

豊島氏館は、豊島氏4代目と言われる豊島清光の居館である。

豊島氏は、秩父氏(平氏)の庶流で、武蔵国豊島郡を領有していた。

葛飾区にある葛西清重館の葛西清重は、この豊島清光の息子である。

現在は清光寺がある場所が館跡とされ、説明板もあるが、遺構などは発見されていない。

豊島氏館の口コミ情報

ピカドラ様[2011年08月25日]
メトロ南北線・王子神谷駅より10数分。炎天下行軍の故、埃汗まみれ姿となり清光公像の拝観は断念するも、一昨年に逝去された新井師の大黒さんと若住職から丁寧なる由緒を拝聴、その上[医王山清光寺いまむかし物語]読本を頂戴して心身が爽やかになりました。

Colon様[2011年08月04日]
少々古い情報で恐縮です。
清光寺本堂には豊島清光の座像があります。
私は拝観させて頂きましたが、あまり来訪者が増えると断られるかもしれません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore