小倉城(おぐらじょう)

小倉城の基本情報

通称・別名

玉川城

所在地

埼玉県比企郡ときがわ町田黒

旧国名

武蔵国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

伝・遠山光景

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

遠山氏、上田氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(比企城館跡群)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

菅谷館(埼玉県比企郡)[2.3km]
大蔵館(埼玉県比企郡)[3.0km]
杉山城(埼玉県比企郡)[3.6km]
腰越城(埼玉県比企郡)[6.0km]
高見城(埼玉県比企郡)[7.0km]
青鳥城(埼玉県東松山市)[7.2km]
山田城(埼玉県比企郡)[7.4km]
大築城(埼玉県比企郡)[8.8km]
本田城(埼玉県深谷市)[9.6km]
高坂氏館(埼玉県東松山市)[9.9km]

小倉城の解説文

小倉城(おぐらじょう)は、埼玉県比企郡ときがわ町にあった日本の城(山城)。戦国時代の関東の城では珍しい石塁を随所に用いている。

歴史・沿革
城主は、後北条氏の重臣であった遠山光影とする説と松山城主上田氏とする説がある。

主郭の発掘調査では染付、天目片等が出土、基づく城跡の年代推定は16世紀である。

立地・構造
立地
外秩父の山地と関東平野の境界、槻川が大きく北に屈曲する場所に張り出した丘陵の上に築城されている。

構造
主尾根上に本丸に相当する郭1と二の丸に相当する郭2を並べている。さらに出郭として、郭3を南東側、郭4を南西側に配置する。
南東側麓にある大福寺平場付近が居館と目され、空堀跡が残る。

石塁
山全体が岩山であったことから、築城時に発生した大量の石材を利用した石塁が随所に築かれている。特に郭3の外周部では高さ5メートル、延長100メートル以上の規模である。

史跡指定
2008年(平成20年)3月28日、すでに国の史跡に指定されていた菅谷館跡(嵐山町)に、松山城跡(吉見町)、杉山城跡(嵐山町)とともに追加指定され、「比企城館跡群」の名称で一括して国の史跡に指定された。

小倉城の口コミ情報

2020年08月24日 ゆず大蔵丞拓之助 ☆
青山城[小倉城  周辺城郭]

青山城は小倉城の尾根筋にある城です。 城は小規模ですが、堀切や石塁などがあり小倉城と共に楽しめる山城です。また見晴らしの丘公園駐車場ありと下里地区駐車場無しにも登城口があります。 私は下里地区から登城しました。入り口には看板と杖があります。5分登ると岩場に直面しますが、上手く行けば簡単に登れます その後30分ほど登り尾根に出たら右に行き坂を登れば堀切に直面します。ボロい階段がありますが危険なので登らす左手に坂がありますのでそこを行きましょう 2回ほど繰り返し本郭に行けます。本郭には看板と石塁があります。小倉城側と見晴らしの丘公園から登ると整備られて歩きやすいですが遠回りです皆さんも比企郡の城に行って見でください。山城が良く残ります

2020年06月09日 龍馬太閤【備中の麒麟】
青山城[小倉城  周辺城郭]



小倉城から尾根続く青山城☆

青山城は平安末期に藤原氏末裔を称する青木氏宗が築城したと伝えられますが詳細は不明となります☆「関八州古戦録」によると戦国時代には腰越城とともに杉山城の支城としての機能します☆城跡には堀切や土塁や削平した郭が残ります☆本丸から二の丸側の虎口にはこの地域で産出する緑泥石片岩を用いた石積が残ってます♪

方形型の主郭を中心にL字型に広い尾根に副郭と三郭を配置☆埋まる石積みは少し顔を出し土塁、堀切が1番の見所になります☆

写真1は主郭下の堀切☆
写真2は主郭西側の竪堀と土塁☆
写真3は主郭と副郭を繋ぐ虎口は石積みが埋まる☆
写真4は削平された主郭☆浅い土塁が守る☆
写真5は最大の見所の堀切☆



2020年01月21日 三男坊.k大学頭
青山城[小倉城  周辺城郭]

嵐山渓谷の小倉城と尾根続きなのでここにあげてみました
奥まった山城ですが本郭が大きく、堀切や横堀のメリハリが効いた良い城跡です

2019年05月18日 銀英6阿天暮郎
小倉城

小倉城跡の縄張り図・説明の紙は、大福寺と本郭で入手可能。これは菅谷館で手に入れられるもののコピーでした。カラーのが欲しい場合は菅谷館へ。

近くにある玉川温泉からも小倉城跡へ行けるようです。2㎞ぐらい。歩き回った後温泉入りたい、って時はこっちからでもいいかも。その場合は郭4側からになります。

2019年04月24日 禁3密中務丞ひろぴい◢⁴⁶
小倉城



奥左から岩盤を削った堀切を抜けて進むと斜面には西陽の差す石垣がお出迎え。

2019年01月22日 禁3密中務丞ひろぴい◢⁴⁶
小倉城

大福寺駐車場に車は停められます。
駐車場自体は広いですが、通りから入る道が少し狭いのでお気をつけて。

縄張り図は駐車場に看板あり、それを撮って登ると楽しめるかと思います。

他の口コミにあるように駐車場から10分くらい。

一言で言うと歩き回って楽しい城跡。山城の要素が全部揃ってます。
最大見所の石積遺構の他、岩盤堀切、竪堀、土塁、坂虎口、枡形虎口、小郭もいつか良好に残ってます。

ただ、石積は崩れが進んでるようで土嚢がはめられてる所も。
また、この時期は枯葉が滑り軍手などあると良いかもしれません。

虎口に敷かれたゴムマットも遺構保護のためでしょうか、雨が降ると滑りますのでお気をつけて楽しんで下さい。

2017年06月09日 田上関白久兵衛
小倉城

事前に縄張り図などを用意される事をお勧めします

先駆者の方の通り大福寺の駐車場へ停めると、敷地内にある城址への案内板に従い搦め手口?から登城
登っていくと、分岐がありますので先ずは左手の郭3へ

郭3付近には石塁の堀切があり、左右の横矢と共に見応え抜群!
堀切の先は悪路気味なので、引き返して分岐の反対側の帯郭へ
こちらでは小倉城の目玉である石塁が間近で見れます

道なりに歩くと立派な食違い虎口があります
ここから手前に戻ると、郭1への分岐が有ります
郭1には沢山の虎口と、郭を囲う土塁が有り、土塁は目隠しと武者走りの効果が期待されます
南側の虎口の外は郭3の対岸の横矢で、ここは馬出の様な用途もありそう

北西の虎口から出ると大きな堀切と竪堀や虎口が続き、郭2と郭4へとつながります
こちらも土塁、武者走り等見応え有ります

所感としましては虎口、堀切、竪堀、武者走り、横矢、石垣、蔀など技のデパートって感じです
多彩な迎撃のセオリーを効果的に縄張りに配置することで、一つの工夫が複数の効果を兼ねている
超効率的な迎撃要塞!そんな感じがしました

2016年03月21日 Marky武蔵守
小倉城

南側の林道から攻めると楽。
縄張図はネットで入手出来る。

2016年03月13日 カーネル
小倉城

杉山城搦め手口から。スマホのナビを起動したら6.6kmで1時間20分の表示に少しひるむ
杉山城を左に見ながら南下。道は大通りを避けて歩けば車通りも少なく非常に快適
東武東上線をくぐったら国道254線に沿って、南東方面へ。信号「平沢」で右折し、山越えする

あとは大福寺をめざして田舎道を進む。ナビの通り1時間半で着

大福寺の裏から登り、北の虎口堀群を堪能したら南下して郭1郭3から郭2・4と行きましたが、広いので縄張り図は必須です(本丸で地勢図を撮影して、それを見ながら歩きました)
武蔵嵐山駅に戻るまで、杉山城も含めてトータル4時間でした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです


2015年11月01日 浜浜左衛門佐二郎勝頼
小倉城

大福寺から急斜面を登ること10分で主郭。反時計周りに南西方向に向い、峠から大福寺に戻る。計約40分。

10月中旬の午後、林の中は薄暗かった。

周りを高い山に囲まれた、「陰の城」。

この城のふれこみは関東には珍しい石垣ということだが、稜上の岩盤質を強引に堀切をしているのが印象的。石垣はその結果の副産物と思われる。その岩の堀切には無数のノミの跡が残り、築城に従事した名も無き人々の苦労が偲ばれる。

2015年10月21日 たけし
小倉城

五年位前に登城したのですが、今春城に上がる舗装路が発見できず断念しました

2013年02月15日 すかんぴん左馬助
小倉城

大福寺(無人でした)の駐車場が利用出来るようですが、軽じゃないとキツイかも?
簡易トイレもありました。
2013年2月現在、城郭の整備中で本郭は木を切り倒してありました。入れない箇所もあるかもしれません。




「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore