小倉城(おぐらじょう)

小倉城の基本情報

通称・別名

玉川城

所在地

埼玉県比企郡ときがわ町田黒

旧国名

武蔵国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

伝・遠山光景

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

遠山氏、上田氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(比企城館跡群)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

菅谷館(埼玉県比企郡)[2.3km]
大蔵館(埼玉県比企郡)[3.0km]
杉山城(埼玉県比企郡)[3.6km]
腰越城(埼玉県比企郡)[6.0km]
高見城(埼玉県比企郡)[7.0km]

小倉城の解説文

小倉城(おぐらじょう)は、埼玉県比企郡ときがわ町にあった山城。戦国時代の関東の城では珍しい石垣を随所に用いている。

歴史・沿革
城主は、後北条氏の重臣であった遠山光影とする説と松山城主上田氏とする説がある。

発掘調査に基づく城跡の年代推定は16世紀である。

立地・構造
立地
外秩父の山地と関東平野の境界、槻川が大きく北に屈曲する場所に張り出した丘陵の上に築城されている。

構造
主尾根上に本丸に相当する郭1と二の丸に相当する郭2を並べている。さらに出郭として、郭3を南東側、郭4を南西側に配置する。南東側麓にある大福寺平場付近が居館と目される。

石垣
山全体が岩山であったことから、築城時に発生した大量の石材を利用した石垣が随所に築かれている。特に郭3の外周部では高さ5m、延長100m以上の規模である。

史跡指定
2008年(平成20年)3月28日、すでに国の史跡に指定されていた菅谷館跡(嵐山町)に、松山城跡(吉見町)、杉山城跡(嵐山町)とともに追加指定され、「比企城館跡群」の名称で一括して国の史跡に指定された。

小倉城の口コミ情報

田上蔵人頭久兵衛様[2017年06月09日]
事前に縄張り図などを用意される事をお勧めします

先駆者の方の通り大福寺の駐車場へ停めると、敷地内にある城址への案内板に従い搦め手口?から登城
登っていくと、分岐がありますので先ずは左手の郭3へ

郭3付近には石塁の堀切があり、左右の横矢と共に見応え抜群!
堀切の先は悪路気味なので、引き返して分岐の反対側の帯郭へ
こちらでは小倉城の目玉である石塁が間近で見れます

道なりに歩くと立派な食違い虎口があります
ここから手前に戻ると、郭1への分岐が有ります
郭1には沢山の虎口と、郭を囲う土塁が有り、土塁は目隠しと武者走りの効果が期待されます
南側の虎口の外は郭3の対岸の横矢で、ここは馬出の様な用途もありそう

北西の虎口から出ると大きな堀切と竪堀や虎口が続き、郭2と郭4へとつながります
こちらも土塁、武者走り等見応え有ります

所感としましては虎口、堀切、竪堀、武者走り、横矢、石垣、蔀など技のデパートって感じです
多彩な迎撃のセオリーを効果的に縄張りに配置することで、一つの工夫が複数の効果を兼ねている
超効率的な迎撃要塞!そんな感じがしました

Marky様[2016年03月21日]
南側の林道から攻めると楽。
縄張図はネットで入手出来る。

カーネル様[2016年03月13日]
杉山城搦め手口から。スマホのナビを起動したら6.6kmで1時間20分の表示に少しひるむ
杉山城を左に見ながら南下。道は大通りを避けて歩けば車通りも少なく非常に快適
東武東上線をくぐったら国道254線に沿って、南東方面へ。信号「平沢」で右折し、山越えする

あとは大福寺をめざして田舎道を進む。ナビの通り1時間半で着

大福寺の裏から登り、北の虎口堀群を堪能したら南下して郭1郭3から郭2・4と行きましたが、広いので縄張り図は必須です(本丸で地勢図を撮影して、それを見ながら歩きました)
武蔵嵐山駅に戻るまで、杉山城も含めてトータル4時間でした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

浜浜左衛門佐二郎勝頼様[2015年11月01日]
大福寺から急斜面を登ること10分で主郭。反時計周りに南西方向に向い、峠から大福寺に戻る。計約40分。

10月中旬の午後、林の中は薄暗かった。

周りを高い山に囲まれた、「陰の城」。

この城のふれこみは関東には珍しい石垣ということだが、稜上の岩盤質を強引に堀切をしているのが印象的。石垣はその結果の副産物と思われる。その岩の堀切には無数のノミの跡が残り、築城に従事した名も無き人々の苦労が偲ばれる。

たけし様[2015年10月21日]
五年位前に登城したのですが、今春城に上がる舗装路が発見できず断念しました

【下野国】陸前守智ぞう様[2015年10月19日]
埼玉オフ会(非公認)で登城。

関東の稀にみる石垣のある山城。

鉄砲戦を想定して作られた城の作りと

岩盤をノミで掘削して開いた空堀も必見


実戦的な城なんだなー

すかんぴん杉丸隼人正様[2013年02月15日]
大福寺(無人でした)の駐車場が利用出来るようですが、軽じゃないとキツイかも?
簡易トイレもありました。
2013年2月現在、城郭の整備中で本郭は木を切り倒してありました。入れない箇所もあるかもしれません。


「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore