小高城(おだかじょう)

小高城の基本情報

通称・別名

紅梅山浮船城

所在地

福島県南相馬市小高区小高古城13

旧国名

磐城国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

相馬重胤

築城年

嘉暦元年(1326)

主な改修者

主な城主

相馬氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、空堀

指定文化財

県史跡(小高城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

中村城(福島県相馬市)[26.4km]
真壁城(福島県双葉郡)[27.1km]
駒ヶ嶺城(福島県相馬郡)[32.2km]
霊山城(福島県伊達市)[35.1km]
河股城(福島県伊達郡)[35.7km]

小高城の解説文

小高城(おだかじょう)は福島県南相馬市小高区に在する平山城。別名「紅梅山浮船城」。

概要
南北朝の争乱のとき北畠顕家の軍勢に対応するため築城され、1336年にこれに攻められ一度落城している。翌年に城を奪還してからは十六代相馬義胤が本城を牛越城に移転するまで約260年間相馬氏の居城であった。

城の北東からのびる比高10mほどの丘陵の頸部を堀切で切る形で城を作り、城の南を流れる小高川を外堀としている。城の西から北にかけては水田が巡っており、堀であったと想定される。このように三面を水域と湿地で囲まれていたため、浮船城と呼ばれていたという。現在は城の東に弁天池と呼ばれる堀跡が残っている。

大手は東側で、現在作られている南側の参道は遺構とは無関係である。城の一部に土塁跡が残り、特に神社裏・北面の保存状況が良い。

城の規模は小さく、主郭以外の曲輪は小さく未発達であるため、実戦向きとは言いがたい。防御力の低さを補うために付近の丘陵に複数の出城があったといわれている。相馬氏が長年の根拠地であった小高を離れ牛越(南相馬市原町区牛越)や相馬中村に築城したのも、北の伊達氏に備えるということ以上に、この城地の狭さゆえであると思われる。

現在は本丸跡の平場に妙見神を祭る小高神社が建っており、相馬野馬追祭りの時に、裸馬を素手で取り押さえ神社に奉納する「野馬懸け」の場所として知られている。

小高城の口コミ情報

さくら主膳佑にゃ〜様[2010年12月09日]
12月18日(土)10:30〜発掘調査現地説明会が行われますよ〜♪

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore