玉城城(たまぐすくじょう)

玉城城の基本情報

通称・別名

玉城グスク、玉城、アマツヅ城

所在地

沖縄県南城市玉城字玉城

旧国名

琉球国

分類・構造

山城

天守構造

なし

築城主

アマミキヨ(伝承)

築城年

不明

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

不明

遺構

曲輪、石垣、門、拝所

指定文化財

国史跡(玉城城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

垣花城(沖縄県南城市)[1.2km]
糸数城(沖縄県南城市)[2.0km]
佐敷城(沖縄県南城市)[2.5km]
知念城(沖縄県南城市)[3.7km]
具志頭城(沖縄県島尻郡)[3.9km]

玉城城の解説文

玉城城(たまぐすくぐすく、たまぐすくじょう)は、沖縄県南城市(旧玉城村)にある城(グスク)跡。1987年(昭和62年)8月21日に、国の史跡に指定された。

概要
台地上のさらに高い天然の要害に築かれた。築城年代は不明だが石垣の積み方から約600年前のものと推定される。主郭跡・二の郭跡・三の郭跡に分かれている。そのうち二の郭・三の郭の石垣は沖縄戦後の米軍統治下で、米軍の用地に隣接していたため建築用石材に崩され利用されてしまっている。現在残っているのは主郭跡の城壁、石敷などの遺構のみである。主郭の城壁はほぼ完全に近い形で残っており、自然の一枚岩を刳り抜いて造られた城門がある。

本丸跡には琉球開闢の七岳の一つとされる「天つぎあまつぎ(雨つづ天つぎとも)御嶽(うたき)」があり、東御廻り(あがりうまーい)という巡礼行事の聖地となっていた。沖縄のグスクは単純に軍事的なものというより祭祀的性格も持っていることが指摘されるが、玉城城も城としては小さく宗教的要素が大きかったのではないかと考えられている。

玉城城の口コミ情報

あぶり太閤ガラポン行くよ様[2012年07月04日]
玉城少年自然の家とグスクロード公園の間に案内板があり草むらに車を停められます。そこから城門まで徒歩2分くらいで登れます。主郭からは東の海が見渡せる絶景です。白い石垣に青い空とマリンブルーの海はこれぞ沖縄。太陽を背にする午後からが撮影には絶好。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore