赤木名城(あかきなじょう)

赤木名城の基本情報

通称・別名

所在地

鹿児島県奄美市笠利町赤又の池他

旧国名

大隅国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

12〜13世紀

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、竪堀、腰曲輪

指定文化財

国史跡(赤木名城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

楠川城(鹿児島県熊毛郡)[234.8km]
伊是名城(沖縄県島尻郡)[241.7km]
根謝銘城(沖縄県国頭郡)[245.4km]
今帰仁城(沖縄県国頭郡)[261.6km]
名護城(沖縄県名護市)[266.3km]

赤木名城の解説文

赤木名城(あかきなじょう)は、鹿児島県奄美市笠利町(奄美群島奄美大島)にある城跡。12世紀に築かれ、17世紀まで使用が確認された城。国の史跡に指定されている。

概要
奄美大島の北部の笠利湾赤木名港の奥、赤木名集落を後背から見下ろす標高約100メートルの丘陵にある山城である。かつて奄美群島の城跡は琉球的と考えられていたが、この城はその構造から本土的な城であることが明らかになり、九州から沖縄県にかけての歴史上重要な城である。

曲輪、土塁、堀切、竪堀などが確認されている。

2009年(平成21年)2月、国の史跡に指定された。

城域
南北350m、東西800m、面積37000m²。比較的小規模の城の多い奄美群島では大型の城になる。

赤木名城の口コミ情報

征夷大将軍もんたろう様[2016年03月20日]
名瀬の観光案内所に赤木名城と集落の資料(1枚もの)があったので、窓口の方に、城の最寄りの駐車場を聞きましたが、ないとのこと。でも、わりと路駐で平気な所なので、城と合わせて集落の散歩を勧められました。ちなみに資料では駐在所と消防署の間に駐車場があることになってますが、現地に表記がないので、断念して、Aコープの駐車場に駐めました。
登城道は蜘蛛の巣だらけでした。蜘蛛の平気な相棒を連れ行きましょう

征夷大将軍鍛治様[2013年02月21日]
秋葉神社を中に入ると登城口に出ます。15分程登ると平らな場所に出て、ここに解説板2ヶ所確認できます。道はあまり整備されておりませんので踏破される方はご注意を。あとハブにも…

おしげ様[2012年06月17日]
赤木名中学校の裏手に登山口があります。近くに駐車場は無さそう…

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore