伊是名城(いぜなじょう)

伊是名城の基本情報

通称・別名

伊是名グスク

所在地

沖縄県島尻郡伊是名村伊是名

旧国名

琉球国

分類・構造

山城

天守構造

なし

築城主

鮫川大主(さめかわうふぬし)

築城年

永享元年(1429)

主な改修者

主な城主

鮫川大主

廃城年

遺構

石垣、拝所、井戸

指定文化財

県史跡(伊是名城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

今帰仁城(沖縄県国頭郡)[25.1km]
伊江城(沖縄県国頭郡)[26.1km]
根謝銘城(沖縄県国頭郡)[30.8km]
名護城(沖縄県名護市)[36.5km]
恩納城(沖縄県国頭郡)[47.2km]

伊是名城の解説文

伊是名城(いぜなぐすく)は、伊是名島(沖縄県伊是名村)の東南にそびえるグスクである。沖縄県指定史跡。1429年に三山統一により琉球王国を成立させた第一尚氏王統の二代尚巴志王の祖父・鮫川大主(さめかわうふぬし)が築城したといわれる。標高は約98m。

伊是名城の口コミ情報

Midori琉球守様[2016年02月07日]
伊是名島滞在のご参考に…。
•那覇空港からやんばる急行バス。運天港まで行く便は6:40 10:30 12:00 発の1日3本。12時発の場合、渋滞等で遅れるとフェリーに間に合いません。(1時間半2190円)
•名護から路線バス利用なら仲宗根下車(35分800円)後、タクシーで運天港へ(10分800円)
•名護から運天港までタクシー利用。(20分2800円)
•運天港周辺に飲食店等なし。ターミナル売店に弁当、カップ麺等があって、畳の待合所で休めます。
•フェリーは、他の方記載の口コミ通り。私が乗った時はかなり揺れ、珍しく船酔いに。航行中は電波接続厳しく圏外覚悟で。
•仲田港ターミナル内レストラン「ゆしどうふそば づけ鮪握り2カン付き」海ぶどうものってます。
•仲田港そばの食堂は日曜休業。徒歩10分程の仲田区集落にも、飲食店は殆どありません。内花港(北)勢理客漁港(西)伊是名漁港(南西)周辺の集落に行けばあるのでしょうか…?

Midori琉球守様[2016年02月07日]
フェリーが着く仲田港から、城跡のある山が見えます。地元の方曰く「人の顔のような山。鼻の左側、おでこの部分は景色がいい。」そこが城跡です。港から海岸沿いの道を南下し徒歩15分位。途中、店はなく自動販売機がひとつだけ。城跡手前に割と綺麗なトイレがあります。

玉御殿は施錠され門越しに見るしかないのですが、玉御殿の脇、左側の斜面を少し登ると、石垣越しに内部が見渡せます。

城跡に登るには、左手の遊歩道から。分岐までは楽ですが、左のイシカー(井戸)コースも、右の城跡コースも、かなり過酷。難所は、張られた補助ロープがすり減っていて一目瞭然です。比較的登り易いのはイシカーの方ですが、どちらも、這いつくばって岩をよじ登る感じ。下山の時も、後ろ向きで下りた場所が数か所あります。苔むしているので、恐らく晴天でも滑りやすいと思われます。

頂上は断崖絶壁で恐怖すら覚えますが、眺望は最高!民宿オーナーさんが「年に数回登る」というのも頷けました。因みに城跡コースの祠のある場所から「鼻の部分」へ進んでみましたが、僅か2mで引き返しました。

常陸入道ねんさい美作守様[2015年03月16日]
琉球国王の第二尚氏初代である尚円王はここ伊是名島の百姓でした。
水泥棒の疑いをかけられて島を出て後に琉球国王になる尚泰久王に仕える。尚泰久王が琉球国王になると重臣として活躍する。子の尚徳が王になると対立して隠遁する。
尚徳王の死去後に重臣の推挙によって琉球国王になる。
百姓から琉球国王になるとは沖縄版の太閤記。
伊是名城の麓の玉御殿には尚円王の家族、親族を葬っている。

常陸入道ねんさい美作守様[2015年02月25日]
伊是名城は港の南側にあり、城跡の山が目立つので分かりやすいです。山を目印に進めば城跡までの道も分かりやすいです。
ふもとに玉御殿があり、その左手に城跡までの道があります。ふもとから中腹に石垣が見えます。城跡までの道は途中で分かれていて、一方は井戸跡に行きます。もう一方は途中で祠があり、その先の岩場を登ると一方の山頂に着きます。狭く、風も強く、海の方は絶壁で気合を入れていないと危険な場所です。ここまでくると城見学より登山です。この城は麓から中腹に曲輪があり主要箇所で山頂はせいぜい見張りがいた城だと思います。
第二尚氏の始祖がいた城らしくて意外と歴史のある城です。

常陸入道ねんさい美作守様[2015年02月25日]
今帰仁の運天港から伊是名島までフェリーが2往復しています。
運天発の午後の便だとその日のうちに帰って来れないので、日帰りだと運天発の午前の便を利用します。本島から日帰りで行くなら一往復しかありません。運天港は無料の駐車場はありません。そばに有料の駐車場が2軒ほどあるのでそこを利用します。那覇方面から運天港までのバスもあるみたいですが詳細は不明です。

村営のフェリーニューいぜなは椅子席、カーペット席、ソファ席があり
それほど揺れませんでした。自動販売機はありますが売店はありません。
伊是名港はそばにレンタカーがありますが、一軒食堂があるみたいですがそれ以外は店は見当たりません。フェリー乗り場に売店が併設してお土産を扱っています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore