加久藤城(かくとうじょう)

加久藤城の基本情報

通称・別名

覚頭城、久藤城

所在地

宮崎県えびの市加久藤麓区

旧国名

日向国

分類・構造

山城

天守構造

建造されず

築城主

北原氏

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

島津義弘

主な城主

北原氏、川上忠智(島津氏家臣)、南郷氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、土塁、堅堀、土橋

指定文化財

市史跡(加久藤城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

飯野城(宮崎県えびの市)[4.4km]
栗野城(鹿児島県姶良郡)[14.2km]
赤池城(熊本県人吉市)[15.1km]
小林城(宮崎県小林市)[16.6km]
人吉城(熊本県人吉市)[17.9km]

加久藤城の解説文

加久藤城(かくとうじょう)は現在の宮崎県えびの市加久藤にあった山城。伊東氏の史料には「覚頭城」とも記述されている。

概要
城の周囲が断崖となっている要害の城。また北側にあった鑰掛口は「鑰掛うど」と呼ばれる絶壁であった。

南東の大手門を守る城として「新城」が、西方の徳泉寺に通じる徳泉寺口を守る位置に樺山浄慶の屋敷が存在した。

「木崎原の戦い」で島津義弘が陣を敷いた二八坂のある大明司を挟んで、東に4kmほどの場所にある飯野城とは連絡路で結ばれている。

歴史
応永年間(1394年〜1428年)に北原氏が、真幸院小田村の山に「久藤城(ひさふじじょう)」として築き居城とした。永禄5年(1562年)に北原氏が滅ぶと島津氏の所有となり、島津義弘により中城と新城を加えられ、それらを縄張りに加えて「加久藤城」と名を改められた。

川上忠智を城代とし、義弘の正室(広瀬氏)と嫡子の鶴寿丸(つるひさまる)を住まわせていたが、元亀3年(1572年)5月4日に「木崎原の戦い」が起こる。伊東氏の軍勢は間違えて樺山浄慶の屋敷を攻撃後、計略に掛かり鑰掛口から城を攻撃する。
忠智は遠矢良賢が率いる飯野城からの援軍らと共にこれを撃退せしめた。

天正4年(1576年)に鶴寿丸が8歳で病死すると、城中に墓をつくり葬った。現在、城へ向かう途中にある墓石は、明治元年頃に神道式に改築されたものである。
また義弘は、飯野城近くの地頭仮屋があった場所(現・えびの市役所 飯野出張所敷地内)に鶴寿丸の供養樹を植えており、現在も「飯野の大イチョウ」として残っている。

元和元年(1615年)の一国一城令により廃城。

加久藤城の口コミ情報

んな摂政な!マイリバ様[2017年05月30日]
R221沿いに案内標識が設置されているため、迷わずに城域に潜入できるとおまいます…が、大手門を通過した後の左カーブは狭く、鋭角で、しかも登りのため、軽トラでもなければ通れません。
大手門から、本丸までは徒歩で5分程度です。
まず、「碑」というか、標柱が現れ、本丸へと続く右カーブに解説板が設置されています。
竈門神社の鳥居に「加久藤城」の記述がありますので、要撮影です。
また、R221から城に至るルート沿いに島津義弘公の長男・鶴寿丸の墓があります。
リア攻めされる方は、是非とも立ち寄って、七歳で他界した鬼石曼子の後継者に手を合わせてあげてください。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore