飯野城(いいのじょう)

飯野城の基本情報

通称・別名

亀城、鶴亀城

所在地

宮崎県えびの市原田町小原

旧国名

日向国

分類・構造

山城

天守構造

なし

築城主

日下部重貞

築城年

永暦元年(1160)

主な改修者

北原氏

主な城主

日下部氏、北原氏、島津義弘、島津久保

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(飯野城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

加久藤城(宮崎県えびの市)[4.4km]
小林城(宮崎県小林市)[12.5km]
栗野城(鹿児島県姶良郡)[17.0km]
赤池城(熊本県人吉市)[17.0km]
高原城(宮崎県西諸県郡)[19.1km]

飯野城の解説文

飯野城(いいのじょう)は現在の宮崎県えびの市飯野にあった日本の城(山城)。別名を亀城、あるいは鶴亀城。現在は亀城公園。

概要
比高50mの河岸段丘上にあり、城の南方は川内川に面して、また東方と西方もその支流が流れいずれも険崖になっており、北方は押建山が壁の役割を果たす要害の城。

本丸・二の丸・三の丸に加え、見張り台・桝形・弓場と呼ばれる郭が存在した。また、10mほどであるが石垣が遺構として残されている。

歴史
永暦元年(1160年)に日下部重貞が真幸院司に就任し、真幸院守護の目的で築き居城としたが、その日下部氏が没落すると、康永4年(1345年)に北原兼幸が真幸院司に就任し居城とした。

永禄7年(1564年)、その北原氏も滅ぶと今度は島津氏の所有となり、島津貴久の次男・島津義弘の居城となった。

天正15年(1587年)に義弘の嫡男・島津久保の居城となるが、久保は文禄の役に参加中の文禄2年(1593年)に病死する。

元和元年(1615年)の一国一城令により廃城。

飯野城の口コミ情報

んな摂政な!マイリバ様[2017年05月30日]
本丸を1分かからずに「秒殺」できる駐車場まで車で行くことができます。
その前に、大手門まで行く途中の民家に「史跡 飯野城」の解説板が設置されています。
駐車場から本丸へのルートの冒頭部分に島津義弘公が飯野城に入った頃に植えられた杉の木があり、本丸跡には「亀城址」の石碑と「飯野城と島津義弘」&「本丸跡」の解説板が揃い踏みしています♪
物見曲輪からは南側に眺望が開けていて、木崎原合戦の際には、伊東軍の動きを素早い察知できたことでしょう。
コンパクトにまとまっていて、リア攻めしやすい城跡です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore