綾城(あやじょう)

綾城の基本情報

通称・別名

竜尾城

所在地

宮崎県東諸県郡綾町

旧国名

日向国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

細川義門

築城年

元徳3年(1331)

主な改修者

主な城主

綾氏(細川氏)、伊東氏、島津氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

模擬門、物見やぐら(歴史資料館)、説明板

周辺の城

高岡城(宮崎県宮崎市)[6.2km]
紙屋城(宮崎県小林市)[7.4km]
穆佐城(宮崎県宮崎市)[10.5km]
木脇城(宮崎県東諸県郡)[10.9km]
倉岡城(宮崎県宮崎市)[11.9km]

綾城の解説文

綾城(あやじょう)は現在の宮崎県綾町にあったとされる山城。築城は1331年〜1334年。足利尊氏の家臣であった細川小四郎義門が築いたと言われる。別名・竜尾城

歴史
細川小四郎義門の子、細川義遠は綾氏を名乗り、綾氏は数代この城にて綾を支配したがその後伊東氏の配下に入り、綾城は伊東四十八城の一つとして伊東氏の支城となる。1577年(天正5年)に伊東氏が伊東崩れと呼ばれる家臣の多数離反と島津氏の攻撃を受け滅亡した際は最後まで伊東氏につき、落城。
伊東氏滅亡後は島津氏の支城となり、1615年に江戸幕府の一国一城令により、綾城は廃城となった。

綾城の口コミ情報

本田左衛門尉家吉さん[2019年03月14日]
模擬天守綾城内には、甲冑や刀剣、特に、伊東氏家臣の日本一の刀鍛冶と言われた田中国広作の名刀や、島津に最後まで抵抗した伊東義祐の豊後落ちのきっかけの説明や後に遣欧使節団として活躍する伊東まんしょの豊後落ちの状況などの説明がパネルやろう人形で表現されています。
綾城から、6キロ程度離れたところには、照葉大吊り橋があり、度胸試しに行く価値大有りです(吊り橋と針葉樹林の資料館の入場料350円)。

弾正尹織田晃司さん[2018年07月16日]
駐車場、トイレともにあります。

地元の木材を使い大工さんにより建てられた中世風の天守は模擬とはいえしっかりした造りです。

国際クラフト協会の城としての活動も行っているそうです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。