紙屋城(かみやじょう)

紙屋城の基本情報

通称・別名

所在地

宮崎県小林市野尻町大字紙屋字城原

旧国名

日向国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

紙屋氏

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

紙屋氏、米良氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(紙屋城第二の空堀跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

綾城(宮崎県東諸県郡)[7.5km]
野尻城(宮崎県小林市)[9.0km]
高岡城(宮崎県宮崎市)[9.5km]
穆佐城(宮崎県宮崎市)[12.6km]
八代城(宮崎県東諸県郡)[13.9km]
田野城(宮崎県宮崎市)[15.3km]
倉岡城(宮崎県宮崎市)[15.7km]
須木城(宮崎県小林市)[16.3km]
木脇城(宮崎県東諸県郡)[16.7km]
山之口城(宮崎県都城市)[17.0km]

紙屋城の解説文

紙屋城址は、紙屋新町から約3㎞東南の方向にある。秋社川とその支流が合流する舌状台地が南北に延び、北側以外は険峻な崖に挟まれた要害の地に築城され、県内でも希に見るS字型の連郭式山城であった。

構造
5つの郭と10層からなる堀から成り立っていた。北側から1~3段目の堀は東西の谷を結び人工的に造られたものであるが、それ以外は天然の地形を利用して最小限の普請で造られている。

北側5段目と6段目の堀の間に鐘撞堂が存在し、6段目と7段目の堀の間にあった4番目の郭が本丸と考えられる。築城者は紙屋氏であるという。

歴史
天正5年(1577)12月7日、伊東家家臣の福永丹波守祐友が島津氏に寝返ると、その縁戚であった紙屋城主の米良越後守主税助重方も、これに呼応したため、その翌日、紙屋城も島津氏の城に帰した。

元和元年(1615)江戸幕府の一国一城令によって廃城となった。

提供:小林市教育委員会

紙屋城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore