岩屋城(いわやじょう)

岩屋城の基本情報

通称・別名

所在地

福岡県太宰府市太宰府

旧国名

筑前国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

高橋鑑種

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

高橋氏

廃城年

天正14年(1586)

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

大宰府(福岡県太宰府市)[1.4km]
大野城(福岡県大野城市)[1.6km]
水城(福岡県太宰府市)[2.6km]
有智山城(福岡県太宰府市)[3.6km]
宝満城(福岡県太宰府市)[4.8km]

岩屋城の解説文

岩屋城(いわやじょう)は筑前国御笠郡(福岡県太宰府市浦城)にあった山城。戦国時代末期の天正14年(1586年)、島津忠長率いる島津軍と大友軍の高橋紹運との壮絶な攻防戦(岩屋城の戦い)で知られる。

歴史
築城は天文年間(1532年~1554年)に大友氏の武将・高橋鑑種と伝えられ、立花城と共に大友家の筑前支配の拠点であった。しかし、高橋鑑種は主君・大友宗麟の傲慢な振る舞いに憤り、反旗を翻したために城を逐われ、大友家の宿老吉弘鑑理の子で吉弘鎮種が高橋氏の名跡を継いで「高橋鎮種(後の高橋紹運)」と名乗り宝満・岩屋の両城主となった。

天正13年(1585年)、立花城主立花道雪の死去後、長男統虎が道雪の養子として城主となり、次男の統増が高橋家の本城である宝満城に入城し、一族3人で大友家の筑前での拠点防衛に就く。

天正14年(1586年)7月13日、筑前一帯を平定し、関白秀吉の九州襲来を阻まんとする島津氏が総勢2万にも及ぶ大軍で攻め寄せ、大宰府政庁跡の東隣にある観世音寺に陣を設けた。紹運は700余名と共に篭城。2週間の間頑強に抵抗したものの、各出城や砦が次々と陥落、虚空蔵砦を守備する福田民部少輔も討死するに及んだ。また、城主紹運も自ら薙刀を取り敵中に入ったが力尽き、敵陣に矢止めを乞うたのち高櫓の上に登り自害。残された将兵もあとを追い玉砕、天正14年7月27日落城。

紹運が高櫓の扉に書き残したとされる辞世の歌は、「屍をば岩屋の苔に埋みてぞ 雲居の空に名をとどむべき」

城跡から道を隔てた南西側に高橋紹運の墓がある。

城の構造
四王寺山(標高410メートル)の中腹(標高291メートル)にある。現在は堀切や土塁が残る。
参考文献
『福岡県の歴史散歩』山川出版社、1984年
太宰府市 編『太宰府市史』
森弘子『太宰府発見』海鳥社、2003年、ISBN 4-87415-422-0
筑紫豊『だいふまいり』西日本新聞社、1976年
浦辺登『太宰府天満宮の定遠館』弦書房、2009年、ISBN 978-4-86329-026-6...

岩屋城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
山の中腹にある岩屋城の看板から徒歩で登るとすぐです。
見張らしはよいです。

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年08月14日]
九州自然歩道の一本道を登った中腹右側に登城入り口があります。左側には、高橋紹運さんの墓もある二の丸です。車で上がるなら22番カーブの所に駐車できます。

山道を上がると案内版があり、岩屋城パンフレットがあります。
人ひとり幅の登山道を上がったら、本丸跡です。あの壮烈岩屋城の城址と奥には真新しい眺望図があり、そこからの眺めといったら•••素晴らしい!爽快!
本丸跡は縦横約20m四方の広さ。
(思うてたより狭いなぁ~。この城に籠もり763人で島津軍5万を相手に戦こうたのか。)
南、東、西は崖。北には堀切がありました。堀切より後方には大野城に繋がる山道になってます。この山道の途中、あちらこちらに敵に投げつけたりするのに使ったではないかと思われる大石が見られます。戻ってベンチに腰掛けて想像しました。

(紹運)皆、よう戦こうた。すまぬ!多くの仲間を死なせた。これは別れの酒ぞ。
統虎!あとは頼むぞ!
(家臣)最後まで殿のお供ができ感謝しております!

公園のような城ですが、戦国の空気、硝煙の匂いが感じるお城でした。

高橋紹運、漢の中の漢です!


カーネル様[2016年01月31日]
西鉄太宰府駅で下車し、太宰府天満宮にお参りしてから東の山へ向かいます

岩屋城へ向かう車道は1本しかないので迷わないと思います
市街地を抜けて車道を登ります。車道では、ショートカットする道があるので利用します。でも大雨の影響か、かなり荒れてる
登りつめると車道脇に岩屋城の入口の看板があるので、ここから登るとすぐ本丸です

本丸の景色を堪能したら大野城へ。九州自然道を歩くと車道を使うより近道です
10分ほどで観世音寺口城門にでて、さらに北上して猫坂礎石群、主城原礎石群を見学
とにかく広いのできりがない。これより先は行ったこともあるし・・と言い訳しながら南下
坂口門と圧巻の大石垣を見てから、坂口門に戻り山道を下りました

登山口に降りると、太宰府政庁跡まで500mの看板があります。寄ります

さらに北西へ水城城へ。県道112号から水城駅まで土塁が続いてます。川を越えるための回り道もあったりで制覇に1時間かかります。長い・・・
水城駅に着いたのは太宰府駅を出て5時間後

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

伊豆坊伊豆守様[2014年09月18日]
今日初めて行ってきました。
本丸に登るまでは、高橋紹運のロマンに浸たれればそれで充分と思っていましたが、先人達が記載してるとおり、本丸からの眺望は本当に素晴らしい。
さらに、本丸から島津陣地(紹運首塚付近)、秋月陣地、宝満山城方向を見渡せば、約430年経過した今日でも、充分に豊薩合戦の悲哀を味わうことができる。

淡路守てぃも様[2012年09月25日]
四王寺山の中腹、太宰府側の登山道から車で行けます。途中まで車で登れば歩いて城跡に行くのは比較的楽だと思います。車を降りたら登山道を挟んで案内板通りに登れば城跡、下れば紹運公の墓所です。歩いて登る場合でも城跡まで大半が舗装されている西鉄太宰府側から登る方が楽かも知れません。観世音寺側から登る方法も有りますが、此方は完全なトレッキングコースとなります(但し、先の大雨で道が崩れているかも知れません)個人的な話ですが何故か岩屋城は熊本植木の田原坂と同じ空気を感じます…

あぶり関白援軍感謝様[2012年06月06日]
太宰府天満宮付近から山道を車でる登ること約5分岩屋城址の看板あり。谷側に1台だけ車を停められるスペースあり。そこから山手に登ると本丸跡まではすぐ。素晴らしい絶景が広がります。谷側に下ると二の丸跡で高橋紹雲公の墓所までは2分くらい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore