能島城(のしまじょう)

能島城の基本情報

通称・別名

所在地

愛媛県今治市宮窪町

旧国名

伊予国

分類・構造

海城

天守構造

築城主

村上雅房

築城年

応永26年(1419)

主な改修者

主な城主

村上氏

廃城年

天正16年(1588)

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

国史跡(能島城跡)

再建造物

周辺の城

木ノ浦城(愛媛県今治市)[4.6km]
甘崎城(愛媛県今治市)[7.2km]
来島城(愛媛県今治市)[12.5km]
今治城(愛媛県今治市)[14.9km]
因島村上氏城館(広島県尾道市)[16.4km]

能島城の解説文

中世、村上水軍の一派、能島水軍(野島氏)が水軍城を設けた。この付近の海域は帆船時代、瀬戸内海航路の最も重要な航路の一つであった。しかも宮窪瀬戸の東側で能島と鵜島とが流れをさえぎるような位置関係であることから、干満時には激しい潮流を生み、渦巻く急流は天然の要害ともなった。このため、平時には通過する船に対して水先案内人として行きかう船を案内し、帆別銭(一種の通行料)を徴収、室町期以降この地に能島城を築き、この海域の制海権を掌握していた。能島城には本丸、二の丸、三の丸、出丸などがあり、中世の水軍城としても規模が大きいものであった。なお、能島には水が得られないことから、近傍の鵜島や木浦から補給していたとされる。

戦国末期、村上氏は豊臣秀吉との戦いに参戦したが敗北を喫し、秀吉の海賊停止令により、水軍の歴史は終わりを告げた。能島城は廃城となり、江戸時代以降無人島となったため、その城塞遺構はよく保存されている。

1953年(昭和28年)能島城跡の名称で国の史跡となり、1973年(昭和48年)に愛媛県教育委員会は「能島水軍の里」を設置した。その後もたびたび文化財調査等が行なわれている。

2017年(平成29年)4月6日、能島城が続日本100名城(178番)に選定された。
中井均先生オススメの見どころ!
瀬戸内海の島々には数多くの城が構えられていた。それらは三島村上氏ら海賊によって築かれたため、海賊の城、水軍の城などと呼ばれている。

 

そうした海賊の城のもっとも典型的なものが能島城である。人の住む大きな島の一画ではなく、無人の小島全体を城としている。重要な点は単なる無人島ではなく、能島は大島と鵜島に挟まれた宮窪瀬戸と呼ばれる潮流の激しいところに位置している。川のように流れ、渦巻く潮流は敵を寄せ付けない、まさに天然の要害となっている。さらにここは芸予諸島を通過する際の最短距離にあたる瀬戸内海上交通の要衝でもあった。まずはこうした能島の立地そのものが能島城のみどころであり、渡海する際に十分に堪能していただきたい。

 

さて、能島城は瀬戸内水軍として有名な三島村上氏のなかの能島村上氏の居城であった。その構造であるが、能島の頂上部に郭Ⅰ(本丸)を構え、島全体を三段に加工して中段には郭Ⅱ、郭Ⅲを配し、島の南東端に郭Ⅳを、北東端に郭Ⅴを配している。曲輪間には堀切を設けず、土塁も築いていない。ただ、島を切り盛りすることによって曲輪を段築している、極めてシンプルな構造となっている。これは周囲を潮流の激しい海に囲まれているためであることは言うまでもない。また、能島の南に位置する鯛崎島も頂部に郭Ⅵを配し、出城としている。

 

能島の南側最下段は城のなかでもっとも大きな曲輪である。その位置から積荷の集積場であったと考えられるが、護岸の石垣などは近代以降に積まれたものであり、曲輪自体も近代になってから拡張された可能性がある。

 

島に上陸した大半の人は本丸まで登ると、それで帰ってしまう。島の北側に降りる人はほとんどいない。ところがこの北側は砂浜となっており、船だまりと呼ばれている。浜の最奥部では岩盤を削り出して段を設けている。この段は人工的に設けられたものであり、能島城に関連する遺構であることはまちがいない。砂浜に着岸した船からの荷揚げに用いられた艀(はしけ)に伴うものの可能性も十分に考えられる。

 

この砂浜には今でも貿易陶磁と呼ばれる中国や朝鮮の陶磁器の小破片が散布している。よく観察するとこうした遺物の散布は浜辺に限らず、能島の周囲の岩礁部にも点々と散布している。実は海賊は、水軍という軍隊としての側面だけではなく、中国や朝鮮の焼き物の運搬の担い手でもあり、博多に陸揚げされた焼き物を瀬戸内航路によって西国全域に持ち運んでいたのである。海賊の城はそうした焼き物運搬の中継基地としての機能も有していた。能島の周囲に分布する陶磁器の小破片はそうした海賊の城の一面を伝えている。

 

さらにこうした中継基地としての能島城の姿を具体的に伝える遺構が残されている。それが能島の岸壁に点々と残された柱穴の存在である。直径15~20cm程度の穴は一見すると自然のもののように見えるが、よく見るとそれらの穴は縦横に非常に規則正しく配置されており、自然の所産でできたものではなく、明らかに人工的に造られたものであることを示している。これは岩礁ピットと呼ばれるもので、桟橋を架けるための柱穴だと考えられている。干満の差が激しい瀬戸内海では干潮時には島に接岸できない。そのため干満に関係なく接岸できる施設として、島の周囲に桟橋を架けたものと考えられ、岩礁ピットは桟橋を固定するための柱を据えるために掘り込まれたものと考えられる。

 

なお、この岩礁ピットは能島城の特徴ではなく、多くの海賊の城に認められており、広く海賊の城の大きな特徴と言える遺構である。私は初めて海賊の城を訪ねたとき、満潮であったため岩礁ピットを見ることができなかったという苦い経験がある。海賊の城を訪ねる時は潮の満ち引きの時間も調べておくことをくれぐれもお忘れなく。

能島城の口コミ情報

んな摂政な!マイリバ様[2017年06月23日]
能島上陸&潮流クルーズに参加してきました。以下、ネタバレ注意でガイドさんの説明のうち、興味深いものを記しておきます。
・対岸とは300メートルぐらいあるが、当時の海賊衆は大声で連絡を取り合っていた
・猪が一度渡ってきたが、真水が湧かないため、すぐにいなくなった
・木津川の戦いで信長が造らせた鉄甲船の存在は懐疑的?あの時代に鉄板を作製する技術はなかった?
・鯛崎出丸から景姫が飛び込むシーンは完全フィクション 17、8メートルの高さから飛び込むと、海面下の岩場で「グシャ」っとなる(+_+)
・鯛崎出丸とは吊橋で繋がっていたとされているが、橋桁跡が見つかってない。
・「朝日昇り、夕陽沈むところ、白南天の木の下」に財宝が眠るとされる伝説があり、鯛崎出丸を望む東南出丸の先端には発掘した穴の後がある。

五瓜ニ唐花紋内大臣や〜きみ様[2017年05月08日]
対岸から見ました。
近くには資料館もあります。
道の駅の様に飲食する場所もあります。

雑賀様[2016年05月15日]
『能島上陸&潮流クルーズ』 平成28年12月までの土日祝日(一部除外有り) 
周囲1kほどの小島、要害たる所以の激しい潮流を体験出来ます。
 
城跡を案内して下さる現地ガイドさん同行で、所要時間75分。 
なお、平日でも10名以上の申し込みがあれば臨時便が運航されるそうです。 
問い合わせ先『瀬戸内しまなみリーディング』
 
乗船場所前でもある『村上水軍博物館』見応えのある展示品の数々でした。 
小説『村上海賊の娘』を始め関連本を読了された方であれば尚更、作品中のいろいろな場面の船、武器、装備、書状などのイメージが実像と結ばれることと思います。
展望室からは能島が臨め、予想外の小ささ?や瀬戸内の美しさに魅了されます。

コロ助様[2015年04月05日]
昨年の桜祭りに行ってきました。今更ですが、ご参考までに。

宮窪港までのバスはとても少なかったので、今治駅前から25分程の石文化公園バス停で下車し宮窪港まで1時間弱歩きました。宮窪港前には広い駐車場があるので、車の方が便利です。

能島に渡るフェリーは往復大人\500。待っている人数に応じて10〜30分間隔運行。フェリーは小型なので、並んでいても乗船人数がいっぱいになると締め切られて次の便を待ちます。(ピストン輸送で片道5分なので、最短10分待ち)

現地説明会をしていました。能島は周囲850m、鯛崎島は周囲250m。小説とは異なり、能島から鯛崎島への橋は無かったそうです。土塁や堀切はなく切岸のみ。三の丸には鍛冶屋、二の丸には位の高い人の館、本丸には櫓があったと推定。桜はてんぐ巣病にかかっていて、桜の根で遺構が壊されているので、今後は桜の植樹は行わないとの事。

帰りのバスの時間もあり、ゆっくり出来なかったのが心残りでしたが、今は桜祭り期間以外でも予約制で能島上陸クルーズをしているみたいです。行きたい!

中務少輔きたろう三世様[2013年07月30日]
一般人が上陸できるのは桜の時期くらいだが、村上水軍博物館近くから出発する潮流体験で船の上から見学できる。石垣や岩礁ピット、郭が確認できる。

伊予守菜々様[2012年06月12日]
訂正です
5月ではなく4月でした失礼しましたm(_ _)m

伊予守菜々様[2012年06月12日]
毎年5月の桜の時期、第1週か第2週目の土日2日間だけ能島に上陸できる定期船が出ます。
桜の開花具合によって変わるので、確認を。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore