甘崎城(あまさきじょう)

甘崎城の基本情報

通称・別名

天崎城、古城、岸の城、荒神城

所在地

愛媛県今治市上浦町甘崎

旧国名

伊予国

分類・構造

海城

天守構造

不明

築城主

越智氏

築城年

天智天皇10年(671)

主な改修者

主な城主

越智氏、今岡氏、村上氏、藤堂氏

廃城年

慶長13年(1608)

遺構

曲輪、腰曲輪、岩礁ピット、土塁、石垣

指定文化財

県史跡(甘崎城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

木ノ浦城(愛媛県今治市)[7.1km]
能島城(愛媛県今治市)[7.2km]
賀儀城(広島県竹原市)[11.7km]
因島村上氏城館(広島県尾道市)[12.6km]
小頃子城(広島県豊田郡)[13.2km]

甘崎城の解説文

甘崎城(あまざきじょう)は、瀬戸内海の日本の城(海城)。別名を、古城、岸の城、荒神城。

概要
越智氏によって築かれた日本最古の水軍城とされ、伊予国大三島東端である瀬戸甘崎の海中に位置する島城であり、村上水軍の拠点の一つ。現愛媛県今治市上浦町甘崎に古城跡が所在する。

歴史
古代では大山祇神社の東方鎮護として機能した島だが、古名は「アマノサキ」で、アマは海人を、サキは防人の意を指し、鎌倉期に海人(海武士)を取り締まるために城砦が築かれた(海武士から警護する)ことから始まり、由来はそこからきている。

13世紀の元寇をきっかけとして、海武士の取り締まりから一転、海上交通の取り締まりをする役割を担い経て、南北朝期から戦国期にかけては村上水軍が東から下って来た船舶を捕捉して積荷を改め、通行税を徴収する拠点に至る。この税を生活の糧とした。

海賊停止令が出た後の17世紀末にも当城はドイツ人に記録され、認知されるに至っている(後述の「海中縄張り」を参照)。 歴代城主は、三島村上水軍時代では、来島村上氏の4代村上通康、その後を家臣の村上吉継(16世紀前半)、豊臣秀吉が瀬戸内海の覇権を握ると藤堂高虎の属城となり、その従弟・良勝が城主となる[2]。慶長13年(1608年)の藤堂高虎の移封によって廃城となった。

海中縄張り
当城の最大の特徴として、陸繋島という地理上から潮が引くと島に至るまでの陸路ができ、幾重にも石垣が築かれているが、満潮時には没し、海中縄張りとなった。従って、潮が干した時のみ役割を担う石垣(時刻によって陸路が形成された時の備えとしての防御)である。この珍しい光景から、元禄4年(1691年)、この沖を航行したドイツ人医師エンゲルベルト・ケンペルが帰国後に『日本誌』において、「水中よりそびゆる保塁あり」と記述を残すこととなる。

参考文献
森本繁 『村上水軍全紀行』 新人物往来社 2009年 ISBN 978-4-404-03577-6 pp.54 - 55
『戦国最強の水軍 村上一族のすべて』 『歴史読本』編集部 編 新人物文庫 2014年 ISBN 978-4-04-600264-8 p.231

甘崎城の口コミ情報

とくちゃん様[2017年05月04日]
4/30に初登城しました、19:02の干潮を狙って、運良く海割れで上陸できました。
近隣の鼻栗瀬戸の潮汐表で+17㎝でした。

実際には日暮れ暗くなって来たので、干潮の30分前に上陸しましたが最大でもくるぶしより少し上くらいの水位でした。

駐車スペースもあり、足洗い場もあって便利です、その後は近隣の多々羅温泉で疲れを癒すのも良いと思います。

筑後守sdkfz70様[2014年07月31日]
[サマーフェスタinかみうら] 歩いて甘崎城へ行く海上ウォークが8/10にありますので参加予定です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore