高山城(たかやまじょう)

高山城の基本情報

通称・別名

道谷山城、妻高山城、古高山城

所在地

広島県三原市高坂町、本郷町

旧国名

安芸国

分類・構造

山城

天守構造

建造されず

築城主

小早川茂平

築城年

建永元年(1206)

主な改修者

主な城主

沼田小早川氏

廃城年

天文21年(1552)

遺構

曲輪、堀切、土塁、石垣

指定文化財

国史跡(小早川氏城跡)

再建造物

石碑(古高山小早川城址)、説明板

周辺の城

新高山城(広島県三原市)[0.9km]
三原城(広島県三原市)[9.1km]
木村城(広島県竹原市)[9.5km]
賀儀城(広島県竹原市)[9.6km]
勝山城(広島県三原市)[11.0km]

高山城の解説文

高山城(たかやまじょう)は、現在の広島県三原市本郷町に建てられた城。国の史跡。

概要
土肥実平は、源頼朝の元で平家討伐に功績を挙げ、吉備三国(備前・備中・備後)の惣追捕使(守護)に任ぜられた。

実平の子遠平は、土肥郷の地名である小早川氏を称したが、承久の乱で戦功を挙げて安芸国沼田荘を与えられた。

高山城は小早川氏の居城として建永元年(1206年)、遠平の孫・小早川茂平により築かれた。その後、小早川氏は沼田小早川氏と竹原小早川氏に分かれたが、高山城は沼田小早川氏(本家)の居城であった。    

天文10年(1541年)、竹原小早川家の当主小早川興景が継嗣なく早世したため、毛利元就の三男徳寿丸(小早川隆景)を養子に迎えた。隆景は天文13年(1544年)同家の当主となる。一方、沼田小早川家の当主小早川繁平は若年のうえ病弱であったので(失明していたとされる)、隠居に追い込まれ、天文19年(1550年)隆景が沼田小早川家をも継ぐこととなり、両家は統合された。

隆景は天文21年(1552年)、対岸の新高山城に居城を移したため、高山城は廃城となった。

高山城の口コミ情報

三浦の荘武蔵守@大介義明様[2013年08月19日]
毛利元就の息子たち、三本矢の筆頭、賢将の小早川隆景の居城の割には、遺構少ないのか、写真があまり無いですね?
新高山城が本城でしょうか?

尾張守ひろっちぃ様[2013年03月16日]
地図ではわかりずらくナビを頼りに散策しました。本郷駅の背後にそびえる山が城山にあたります。山頂付近までは行きましたが城跡を示す石碑は見当たらず周辺にはかなり民家が多くふらふらして探し回っていると不審者扱いを受ける恐れがあるため途中で散策をやめて引き返しました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore