野々島城(ののじまじょう)

野々島城の基本情報

通称・別名

所在地

徳島県阿南市椿町

旧国名

阿波国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

なし

周辺の城

牛岐城(徳島県阿南市)[8.8km]
西方城(徳島県阿南市)[11.8km]
平島館(徳島県阿南市)[12.0km]
立江城(徳島県小松島市)[16.0km]
仁宇城(徳島県那賀郡)[19.4km]

野々島城の口コミ情報

【友募集中】熊代民部丞春竹様[2018年08月15日]
野々島城の城主は、『古将記』や『椿村史』では四宮和泉守となっているが和泉守は北泊城(鳴門)の城主であったとされる。戦国期の椿周辺の城主は椿城(四宮肥後守)・下福井城(四宮石見守)・大潟城(四宮外記)等であり、四宮氏一族が勢力を張った地域である。藩政期には椿泊の森甚五兵衛が城を修築して使用したものと考えられるそうで、別名須藤城という。築城主は、四宮和泉守
城の現状は現在、島はYMCA阿南国際海洋センターの管理している島で無人島、勝手に立ち入ることは出来ないです。「徳島の中世城館」によると無人島だけあって曲輪や石積み切岸等の遺構が保存状態も良く残されているようで、山頂には狼煙台もあるそうです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。