平島館(ひらしまやかた)

平島館の基本情報

通称・別名

阿波公方館

所在地

徳島県阿南市那賀川町古津

旧国名

阿波国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

足利義維

築城年

天文3年(1534)

主な改修者

主な城主

足利氏

廃城年

遺構

移築門、移築書院、土塁

指定文化財

市史跡(平島公方跡)

再建造物

周辺の城

牛岐城(徳島県阿南市)[3.5km]
西方城(徳島県阿南市)[4.8km]
立江城(徳島県小松島市)[5.3km]
野々島城(徳島県阿南市)[12.0km]
片志城(徳島県徳島市)[12.3km]

平島館の解説文

平島館(ひらしまやかた)は、阿波国平島庄古津村(現徳島県阿南市那賀川町古津字居)にあった日本の城(館)。別名は阿波公方館。

歴史
天文3年(1534年)に足利義維(義冬)が阿波守護・細川持隆に招かれ3000貫の所領を得て平島館に入り、9代平島公方・足利義根が文化2年(1805年)に京都へ移るまでの270年間、歴代平島公方が居住した。

江戸時代に入り、蜂須賀家政が阿波国に入国すると、蜂須賀氏は平島公方を軽視し、3000貫の所領から100石にまで削減され(しかも名目上は、茶料で、「領地」としては認められていない。)、4代義次を平島又八郎と名乗らせるなど、旧将軍家の権威を認めなかった。足利義根の阿波立ち退き後、その遺構のいくつかは、阿波各地に移築されるなどした。

館跡は、館付近の農民が農地などにしたが、地名だけはそのままにするなど、大事に保ってきたので、その地の地名だけでも、かつてを偲ことが出来る。

現在は、主館の辺りが、[http://阿南市立阿波公方・民俗資料館 阿南市立阿波公方・民俗資料館]となっている。またそれは、ふるさと創生事業で創設されたものである。

歴代の主な館主
足利義冬
足利義助
足利義種
平島義次
平島義景
平島義辰
平島義武
平島義宜
足利義根...

平島館の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore