片志城(かたしじょう)

片志城の基本情報

通称・別名

所在地

徳島県徳島市勝占町片志

旧国名

阿波国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

高田綱清?

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

高田綱清?

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

夷山城(徳島県徳島市)[3.5km]
津田城(徳島県徳島市)[4.5km]
徳島城(徳島県徳島市)[6.4km]
蔵本城(徳島県徳島市)[7.4km]
立江城(徳島県小松島市)[7.6km]

片志城の解説文

『日本城郭大系』によると、高田綱清の城として徳島市勝占町片志の神路山上の杉尾大明神の付近にあったと推定されているが、明確な根拠は示されておらず詳細は不明である。

情報提供:徳島市教育委員会

片志城の口コミ情報

摩虎羅**様[2016年02月22日]
勝浦川の西側の小さな山。
明治8年以降、杉尾神社→勝占神社へと古名に戻す。

鳥居をくぐると徳島独特の石を並べた山道が続きます。
小さな山と侮っていましたが…
運動不足には息が切れる位の参道です。
あくまで運動不足の方…のみ(笑)
ようやく頂上かと思いきや最後に待っているのが…見上げる高さの石階段!心が少し折れました。

上りきった先には社殿があります。
社紋は丸に卍。
蜂須賀家と同じ紋ですが関係あるかは不明。徳島の神社にはこの紋は多いみたいです。

農林・勝負・医術の神として崇められ
源義経が屋島攻めに向かう途中、
【勝ちを占める】との縁起を担ぎ武運を祈った伝えがある神社です。

城跡としての遺構は、私ではわかりかねますがあるのかもしれません。

展望は良くありませんが、青っぽい石と緑の色彩と神社の趣が良く合い、休日のハイキングには調度良い感じ。
子供目線で…ちょっと裏山で遊んでくる~♪って感じのペタンコブーツでも歩けた程よい小山でした(^_^)v

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore