土佐泊城(とさどまりじょう)

土佐泊城の基本情報

通称・別名

所在地

徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦土佐泊

旧国名

阿波国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

森元村

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

森氏

廃城年

天正14年(1586)

遺構

曲輪

指定文化財

市史跡(土佐泊城跡)

再建造物

周辺の城

撫養城(徳島県鳴門市)[1.2km]
木津城(徳島県鳴門市)[4.7km]
鈴江城(徳島県徳島市)[10.8km]
勝瑞城(徳島県板野郡)[11.2km]
今切城(徳島県徳島市)[13.8km]

土佐泊城の解説文

土佐泊城(とさどまりじょう)は、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦、大毛島にあった日本の城。鳴門市指定史跡。

天文年間(1532年 - 1555年)に、名東郡黒田村から板野郡土佐泊(現鳴門市)に移った森元村によって築城された。土佐泊城は紀伊水道と瀬戸内海の入口を抑える要衝だった。森氏は強大な水軍を持っており、細川氏、三好氏、蜂須賀氏の歴代阿波領主から重用された。1582年、土佐の長宗我部元親が侵攻した際は、阿波、讃岐の殆どの城が長宗我部方に落ちた中で、落城せず持ちこたえた。森氏は阿波に入部した蜂須賀家政から福井庄など3026石を拝領し、1586年(天正14年)椿泊に移った。

土佐泊城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。