石城山神籠石(いわきさんこうごいし)

石城山神籠石の基本情報

通称・別名

所在地

山口県光市大字塩田字石城

旧国名

周防国

分類・構造

神籠石式山城

天守構造

なし

築城主

不明

築城年

古墳時代

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

不明

遺構

列石、石垣、水門、横堀(空堀)、版築土塁

指定文化財

国史跡(石城山神籠石)

再建造物

説明板

周辺の城

八海山城(山口県光市)[7.0km]
三丘嶽城(山口県周南市)[8.8km]
伊賀道城(山口県柳井市)[10.1km]
冷泉氏館(山口県岩国市)[12.1km]
鞍掛山城(山口県岩国市)[13.2km]

石城山神籠石の解説文

神籠石(こうごいし)または神籠石式山城(こうごいししきやましろ)とは九州から瀬戸内地方にみられる、石垣で区画した列石遺跡を呼ぶ。現状『日本書紀』、『続日本紀』に記載がない、遺構でしか存在を確認できない山城を指している。

山口県光市に残る石城山神籠石は、全国に16箇所あるこのような神籠石の1つで、国の史跡に指定されている。切石(きりいし、岩を割って作った石)による石積みを配列した列石などの遺構が残る。

石城山神籠石の口コミ情報

作州牛勘解由次官しんちゃん様[2017年06月01日]
県道160号線(道幅狭小)を登りきった終点、石城神社入り口手前に駐車場・トイレがあります。
駐車場スペースは10数台分くらいといったところでしょうか。

見所は各水門やあちこちに残る列石、版築土塁などがあり所要時間は70~90分くらいみておけばよいかと思います。

石城神社周辺には第二奇兵隊関連の史跡もあり、古代だけでなく幕末の歴史にも触れることができます。

散策中に数頭の猿に出くわしましたので、くれぐれもお気をつけて巡ってください。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore