鞍掛山城(くらかけやまじょう)

鞍掛山城の基本情報

通称・別名

鞍掛城

所在地

山口県岩国市玖珂町鞍掛

旧国名

周防国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

杉氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

杉氏

廃城年

弘治元年(1555)?

遺構

曲輪、堀切

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

蓮華山城(山口県岩国市)[2.0km]
冷泉氏館(山口県岩国市)[6.9km]
三丘嶽城(山口県周南市)[8.3km]
岩国城(山口県岩国市)[12.3km]
亀尾城(山口県岩国市)[13.2km]
石城山神籠石(山口県光市)[13.2km]
伊賀道城(山口県柳井市)[15.9km]
高森城(山口県岩国市)[17.7km]
須々万沼城(山口県周南市)[19.4km]
亀居城(広島県大竹市)[20.1km]

鞍掛山城の解説文

鞍掛山城(くらかけやまじょう)は、周防国玖珂郡(現在の山口県岩国市玖珂町鞍掛)にあった日本の城(山城)。

概要
標高240mの鞍掛山の尾根に築かれた実戦的な山城である。築城年代は不明。大内氏の家臣・杉氏の居城。近隣には、すぐ北に椙杜氏の蓮華山城、南側には小方氏の瀬田城がある。

弘治元年(1555年)に、陶晴賢が厳島の戦いで討死し、同年より毛利氏が周防・長門国への侵攻を開始した(防長経略)。その際に城主であった杉隆泰は、毛利元就の勧告に従い降伏。しかし、蓮華山城の椙杜隆康が、大内氏と杉隆泰の内通を元就に訴えたため、毛利軍は鞍掛山城を攻めた。父の杉宗珊とともに籠城した隆泰がよく抗戦したため、毛利軍主力は山口方面に侵攻すると見せかけて蓮華山城へ兵を入れ、早朝に城の背後から奇襲を仕掛けた。不意を突かれた鞍掛城籠城軍は、混乱に陥って壊滅。毛利氏に降って城攻めに加わっていた瀬田城城主・小方元康の手で隆泰も討ち取られ、鞍掛山城は落城した(鞍掛合戦)。

その後、鞍掛山城は廃城となった。

現在
現在の鞍掛山は、駐車場や遊歩道が整備されており、展望台の据えられた山頂(本丸跡)には、容易に行くことができる。なお、山頂から尾根を北に進むと「古戦場鞍掛城址」の石碑がある二の丸・三の丸跡に出る。城の遺構はほとんど消滅しているが、落城時に米蔵が焼け、その焼き米が出土した例もある。

毎年11月には「鞍掛城まつり」が催されている。

また、城下には討死した者を弔った鞍掛合戦千人塚(鞍掛戦死者之碑)があり、現在は宇野千代直筆の追悼句碑が建てられている。

鞍掛山城の口コミ情報

2018年03月20日 カーネル
鞍掛山城

岩徳線玖珂駅から

北西の玖珂中学校へ向かいます

中学校の手前にある岩国建工福祉センターの前に、鞍掛山の標識があります
ここから少し北上すると、登山口の案内があるので、ここから山へ

山頂まで650mとあります。傾斜もそれほどきつくなく、山頂までの残りの距離が出るので、気分的に楽に登れます

暗部には古戦場鞍掛城址の石碑があり、先に進むと見晴らし小屋?があり、眼下には、ビュンビュン通過する新幹線を見ることが出来ます

駅に戻って、1時間ちょっと・・・ですが、時間があったので駅を挟んで反対側の岩隈八幡宮へ。厳かな雰囲気が、凄いよかったです


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore