稲庭城(いなにわじょう)

稲庭城の基本情報

通称・別名

鶴ヶ城、舞鶴城

所在地

秋田県湯沢市稲庭町字古舘前平50

旧国名

羽後国

分類・構造

山城

天守構造

独立式層塔型[3重4階/1988年築/RC造模擬]

築城主

小野寺経道

築城年

建長年間(1249〜1255)

主な改修者

主な城主

小野寺氏

廃城年

慶長元年(1596)

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

模擬天守、石碑

周辺の城

湯沢城(秋田県湯沢市)[10.5km]
小野城(秋田県湯沢市)[11.2km]
岩崎城(秋田県湯沢市)[14.0km]
西馬音内城(秋田県雄勝郡)[20.9km]
吉田城(秋田県横手市)[23.0km]

稲庭城の解説文

萩原さちこさんオススメの見どころ!
全国的に珍しい、スロープカーで登城する山城です。「スロープカーがつくられちゃってる山城なんて残念。しかもニセモノ天守でしょ」と思っている方もいるでしょう。が、なかなかよいです、この城。中世の部分も意外と残されている上に、天守からの眺望のおかげでこの城の立地のよさがよくわかるのです。中世と現代がうまく共存している城、と言っておきましょう。

 

「山城を歩いて登らないなんて邪道」というあなた、ご安心ください。ちゃんと登城道もあります。スロープカー乗り場の背後、「古城道」の石碑があるところがかつての登城道と考えられている道。売店の脇からは遊歩道も整備され、2つの道は腰郭と呼ばれる中間地点の曲輪で合流して大手口へ通じます。中腹には曲輪もあり、大手口もなかなかの偉容で見応えがあります。大手口は二ノ郭の北側に突き出すようにして設けられ、曲輪が階段上に連なります。

 

大手口が立派なのも当然、この城は、鎌倉時代から室町時代に秋田南部を支配した小野寺氏の本拠地です。最盛期には、仙北に157城、平鹿に174城、雄勝に93城、そのほか由利の一部や山形の一部支配下にあったものも含めると470城にも及ぶ城や館を持っていました。稲庭城天守最上階からは三又城、三梨城、川連城などが見え、いかに勢力を誇っていたかが想像できます。

 

天守最上階からの眺望がよいことで知られますが、それはすなわち城としての立地がいいということ。見晴らしがよいだけでなく、うまく地形に守られています。雄物川の支流・皆瀬川東岸にある大森山の西尾根に位置し、Vの字のような地形の入り組んだ部分にあります。尾根の突端にあるため、西側は城より高い山が連なり東と南は山に守られています。

 

模擬天守内を見た後はすぐにスロープカー乗り場へ引き返してしまう人がほとんどですが、模擬天守が建つのは本丸ではなく二の丸です。そう、ここで引き返せば城攻めの途中で引き返していることになります。本丸は二の丸の南側にあります。ここがなかなかのつくりで、三重の堀切を隔てて土橋を渡り、そこから5分ほど登ったところにあります。土橋はアスファルトで舗装されていますが、幅や構造、本丸の隔離性はわかり、さすがは小野寺氏の城と感心します。

 

「スロープカーのある城なんて邪道」という人こそ、忘れずに本丸に立ち寄りを。そして、下りはぜひ遊歩道または古城道を通って下山しましょう。ここまで歩けばそこそこの運動量になりますから、きっと「登りはスロープカーがあってよかった」と思うはずです。それほど、稲庭城は簡単には攻められない城なのです。

稲庭城の口コミ情報

中務少輔きたろう三世様[2015年02月13日]
二ノ丸に建つ模擬天守までは、スロープカーで楽に登城できる。大手路から行くなら、大駐車場から道沿いに北へ行ったところに入口がある。二ノ丸と本丸はやや離れており、幾つかの堀切が見られる。

湯沢市内には、小野寺氏関係の城が数多くあり、保存状態が良い城が多いが、藪のきつい城も多い。藪が少なく遺構も明瞭な椛山城や三梨城、うっすらながら9重の堀切が残る草井崎城などがお薦め。

稲庭城の周辺観光情報

小安峡

雄物川支流、皆瀬川上流にある峡谷。全長8kmとなっており、ゆざわジオパークのジオサイトに認定されている。大小無数の滝があるほか、98度にも達する蒸気が噴出する大噴湯が大きな見どころ。周囲にある温泉も人気が高い。

お問い合わせ:湯沢市まるごと売る課 (0183-73-2111)

川原毛地獄

南部の恐山、越中の立山とともに日本三大霊地に数えられる。現在も硫化ガスが噴出しており植物が育たないため、山全体に奇岩・怪石が露出しており、鬼気迫るまさに地獄といった様相を呈している。

お問い合わせ:湯沢市まるごと売る課 (0183-73-2111)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore