湯沢城(ゆざわじょう)

湯沢城の基本情報

通称・別名

所在地

秋田県湯沢市古館山

旧国名

羽後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

小野寺道定

築城年

建治3年(1277)

主な改修者

主な城主

小野寺氏、楯岡満茂(最上氏家臣)

廃城年

元和6年(1620)

遺構

曲輪、土塁、堀切、櫓台

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

岩崎城(秋田県湯沢市)[5.3km]
小野城(秋田県湯沢市)[9.1km]
稲庭城(秋田県湯沢市)[10.5km]
西馬音内城(秋田県雄勝郡)[11.1km]
吉田城(秋田県横手市)[14.7km]

湯沢城の解説文

湯沢城(ゆざわじょう)は、出羽国雄勝郡の南部(現在の秋田県湯沢市湯沢中央公園)の古館山にあった城である。

概要
小野寺氏の系譜や事跡については、史料的裏付けがとれず不詳な点が多いが、鎌倉時代に雄勝郡へ入部した小野寺経道が稲庭城を本拠とし、南部の抑えとして三男の小野寺道定により1227年(安貞元年)湯沢城を築いたとされている。

奥州仕置による一揆鎮圧後、最上義光が代官となり領有権を主張して小野寺氏と対峙した。1595年(文禄4年)に湯沢城が落城し最上氏の家臣楯岡満茂の居城となる。

その後慶長出羽合戦などで戦略拠点となった。1602年(慶長7年)に出羽国へ転封された佐竹氏が最上氏と領土を交換したことで佐竹南家領となり、初代佐竹義種が湯沢城の城郭や城下町の整備を行ったが、1620年(元和6年)の一国一城令により廃城となった。

交通
JR奥羽本線湯沢駅から徒歩約10分
湯沢横手道路湯沢ICから5分

湯沢城の口コミ情報

カーネル様[2016年03月05日]
奥羽本線湯沢駅から

駅を背に東へ商店街を抜けて中央公園をめざします。公園の北西のあたりに力水が湧いています
力水を飲み、ここから山中へ続く道があり登ると二の丸へでる

道は標識が整備されていて、階段もあるのでわかりやすいです。二の丸は行き止まりなので、南下して本丸跡をめざす
堀をいくつか越えると本丸で、さらに奥に進むと馬場跡があり、その先は車道にでるので、ここで引き返す

帰りは本丸の先で左折(西)して見張り台跡を経由して下りました。見張り台からは眺めが良いです。下ると清涼寺に出ます
駅に戻って2時間弱でした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore