小谷城(こだにじょう)

小谷城の基本情報

通称・別名

所在地

兵庫県加西市北条町小谷城山他

旧国名

播磨国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

上原祐政

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

主な城主

赤松氏、宇野氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀

指定文化財

再建造物

周辺の城

善防山城(兵庫県加西市)[7.5km]
金鑵城(兵庫県小野市)[10.2km]
光明寺城(兵庫県加東市)[10.5km]
恒屋城(兵庫県姫路市)[10.6km]
中道子山城(兵庫県加古川市)[12.9km]

小谷城の解説文

小谷城(こだにじょう)は、兵庫県加西市北条町小谷にあった城。

歴史
応永年間、かつて赤松氏の有力な守護代で、その後独立し、勢力を広げつつあった在田氏を監視するため、赤松義則の養子で赤松満祐の義弟にあたる上原民部大輔祐政が築城したとされる。嘉吉元年(1441年)、嘉吉の乱の時、小谷城を預かっていた赤松直操 は龍門寺の禅僧だったが、法衣を甲冑に換え坂本城に駆けつけ、播磨国・但馬国国境の生野峠で戦うが、破れて自害した。嘉吉の乱で赤松氏が滅亡した後の詳細は不明である。

時代が下って、天文年間には宇野氏が居城していたといわれる。遺構からは天正頃まで利用されてきた山城の特徴が指摘されているので、天正年間に播磨や但馬を征伐した織田信長や、別所長治の三木城を攻めた羽柴秀吉によって修築されたと思われる。三木城落城後、秀吉配下の山城宮内少輔忠久により修築されたとも推察されている。

概要
小谷地区の北側にある陽松寺の裏手、城山(標高218m)にあった山城。現在、堀・曲輪などが残る。

小谷城の口コミ情報

☆Z☆明石伊勢守則実様[2017年05月08日]
比高はさほど大したことはないのですが、けっこう急坂です。本丸付近はかなり整備されており、地元の方の力の入れようがわかります。

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年03月15日]
同じ字ですが「こたにじょう」。加西市立北条中学校から23号線を渡って陽松禅寺の裏にあります。応仁の乱後に赤松祐尚が城主になり善政を行い領民から慕われ、その後1542年に尼子氏に攻められ迎え討ったが敗れて討ち死にしたとの事。
城の麓に立派な墓がありさもありなんです。お寺の横に駐車場ありますが、道が狭く軽自動車用です。もう少し手前公民館に駐車スペースあります。
お寺の遊歩道入口に簡易トイレあります。
南北朝時代の城に好奇心いっぱいで登城開始(^-^)。山道に手作りベンチあり、山頂にはおやすみベンチあり!大変整備して歩きやすい山城です。標高は200m位、山頂まで20分でした。
なかなか見応えある古城、虎口まで保存再現されてます。
地元の老若男女の保存再現作業のおかげで
現在ある写真が掛けられてあり、サイン帳があったりと心温まる登城に巡り会いました。全く予想外のいい城に大満足でした!
お近くに来たら是非登城してみて下さいませ(^_^)/~

北川幸人様[2013年07月08日]
西尾根ルートの登り口付近に路駐し、約15分で山頂の本丸跡に到着。木々が伐採させていて、見晴らしがとてもいい。大きな布看板と何か建設中の柱がありました。

朱点童子様[2011年01月13日]
五百羅漢で知られる加西市北条町の羅漢寺に訪れた帰りに、小谷城跡を探してみました。北条町小谷地区の北側にある陽松禅寺の裏山が、かつて小谷城のあった城山のようでした。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore