松帆台場(まつほだいば)

松帆台場の基本情報

通称・別名

徳島藩松帆台場

所在地

兵庫県淡路市岩屋松帆

旧国名

淡路国

分類・構造

台場

天守構造

なし

築城主

徳島藩

築城年

文久3年(1863)

主な改修者

主な城主

徳島藩

廃城年

遺構

土塁

指定文化財

国史跡(徳島藩松帆台場跡)

再建造物

周辺の城

岩屋城(兵庫県淡路市)[2.8km]
舞子台場(兵庫県神戸市)[3.8km]
明石城(兵庫県明石市)[5.0km]
船上城(兵庫県明石市)[5.0km]
枝吉城(兵庫県神戸市)[7.1km]

松帆台場の解説文

徳島藩松帆台場跡(とくしまはんまつほだいばあと)は、兵庫県淡路市岩屋の松帆崎にある砲台跡。松帆砲台跡とも。国の史跡に指定されている。

概要
幕末の安政5年(1858)、徳川幕府将軍家茂の幕命を受けた徳島藩により着工、文久元年(1861)竣工。

建設の目的は、明石海峡対岸の明石藩舞子台場跡(国の史跡)と対になって両岸から黒船を挟撃することであったが、一度も使用されることはなく現在に至っている。台場はM字状になった堡塁を石垣で補強、大砲13門が設置されていた。砲台は真北にむいている。

現在は神戸製鋼の保養所「ゆうなぎ荘」敷地になっている。

誤射
黒船には一度も使用されなかったが、文久3年(1863)7月に幕府の3本マストの軍艦朝陽丸を誤って砲撃し、舵付近を破壊している。この誤射で砲台司令 長坂三知 は切腹している。

交通アクセス
神戸淡路鳴門自動車道淡路ICから国道28号及び兵庫県道31号福良江井岩屋線道の駅あわじ付近
岩屋港から淡路交通バス松帆の浦バス停下車

松帆台場の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore