堺城(さかいじょう)

堺城の基本情報

通称・別名

堺環濠

所在地

大阪府堺市堺区宿院町東他

旧国名

和泉国

分類・構造

平城、環濠都市

天守構造

築城主

大内義弘

築城年

室町時代

主な改修者

主な城主

大内氏

廃城年

遺構

指定文化財

再建造物

周辺の城

東村砦(大阪府堺市)[3.5km]
家原城(大阪府堺市)[4.1km]
我孫子城(大阪府大阪市)[4.3km]
寺岡砦(大阪府大阪市)[5.3km]
新堀城(大阪府大阪市)[5.8km]

堺城の解説文

堺環濠都市遺跡は、南北約3㎞、東西約1㎞に及ぶ広大な遺跡であり、その範囲は東を阪神高速道路堺線、西を内川、北を南海線七道駅付近、南を土居川(どいがわ)に囲まれた内側となる。

また中世までの海岸線は、現在の紀州街道(阪堺線)あたりであったとされ、室町時代の堺城の主郭は、紀州街道から阪神高速道路堺線の間にあったと思われる。

堺城の口コミ情報

左衛門尉ねこすずめ様[2017年04月16日]
城めぐりのMapで案内されたところは、宿院の道路の真ん中で遺構も説明板も何もありませんでした(^^;。写真を投稿するなら其処から移動する必要があります。北に行けば七道、東には土居川公園、南は土居川があり、西には大浜公園があります。

野呂利駿河守休三7/29様[2016年09月30日]
「さかい利晶の杜」は堺を代表する文化人の千利休と与謝野晶子を紹介しています。2015年3月20日にオープンしたばかりです。一階には観光案内展示室と利休の展示の千利休茶の湯館、茶の湯体験施設があります。二階が企画展示室と与謝野晶子記念館です。
観光案内展示室には昭和初期のジオラマと床に幕末文久年間の堺絵図があります。観光案内展示室のみが無料。入館料は一般三百円。茶の湯体験は別途。

さかい利晶の杜と細い通りを挟んで利休の屋敷跡があります。元はもっと広かったそうですが、利休直系は息子の代で断絶し、持ち主が変転し、切り売られてしまったそうです。一画が裏千家に買い取られ、さかい利晶の杜の開設にあわせて整備・公開されたそうです。
当時のものとしては井戸だけだそうです。ちなみに井戸屋形も最近のもので縁の大徳寺の山門の廃材を用いているとのこと。

銀英5ロイエンタール左近衛少将様[2013年09月26日]
堺市博物館(常設展示は大人100円、特別展は別途)に城郭都市堺と古墳に関する展示があります、大半は古墳関係ですが、川と寺院をうまく使って、総構えのような都市形態が見学出来ます パンフレットには大人200円と記載されてましたが100円で入れました
尚堺市博物館は大仙古墳(伝仁徳天皇陵)側の大仙公園内にあります
開館時間09時30分〜17時15分 入館は16時30分まで
休館日、月曜日(祝、休日は開館) 年末年始となってます 駐車場は50台は駐車可能、2時間200円
公園内には茶室があり庭園の見学等も可能です

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore