平賀館(ひらがだて)

平賀館の基本情報

通称・別名

所在地

宮城県仙台市青葉区作並上ノ台下

旧国名

陸前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

平賀源蔵

築城年

江戸時代前期

主な改修者

主な城主

平賀源蔵

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

周辺の城

杭城(宮城県仙台市)[10.9km]
御殿館(宮城県仙台市)[12.9km]
西館(宮城県仙台市)[15.6km]
川崎城(宮城県柴田郡)[15.9km]
前川本城(宮城県柴田郡)[16.8km]
郷六城(宮城県仙台市)[17.7km]
根添城(宮城県仙台市)[18.9km]
中堀館(山形県天童市)[19.2km]
長命館(宮城県仙台市)[20.2km]
中里館(山形県山形市)[20.4km]

平賀館の解説文

平賀館は江戸時代のはじめに作並宿の北の小さな高地に仙台藩士の平賀源蔵が住んだと伝えられる居館である。

平賀館の口コミ情報

2021年09月25日 陸前守仙臺むすび丸JUN
豊後館(虎口)[平賀館  周辺城郭]



駐車場は特になく、案内板や標柱の傍にかろうじて駐車できそうなスペースがある。

仙台市太白区秋保町馬場に所在する豊後館(馬場館)は、平賀館から南東約7㎞に位置する。東側の小滝川が南側の名取川に合流する標高210mの台地の突端地にあり、規模は東西約200m、南北約200mである。城域の西辺は、基底幅12m前後、高さ約6mの土塁、その西に幅約4mの空堀が設けられ、堀底道を南に進むと城域の南西隅に坂虎口がある。ここは石積虎口で、規模は小さいながらも食い違い虎口(または枡形状虎口)が残存している。

江戸時代成立の『仙台領古城書上』によると、秋保摂津守貞茂の居城として、永禄年間(1558~69)に築城されたという。慶長4年(1599)の伊達政宗黒印状写に再び文献に登場するこたから、伊達氏によって西の最上方面の「境目の城」として整備・改修された可能性が指摘されている。
【参考文献】仙台市史特別編7『城館』、『東北の名城を歩く南東北編』

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore