川崎城(かわさきじょう)

川崎城の基本情報

通称・別名

川崎要害、臥牛城、前川城

所在地

宮城県柴田郡川崎町前川舘山西

旧国名

陸前国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

砂金実常

築城年

慶長13年(1608)

主な改修者

主な城主

砂金氏、川崎伊達氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

平沢城(宮城県刈田郡)[6.6km]
根添城(宮城県仙台市)[10.5km]
御殿館(宮城県仙台市)[13.6km]
西館(宮城県仙台市)[15.8km]
平賀館(宮城県仙台市)[15.9km]

川崎城の解説文

川崎城(かわさきじょう)は、陸奥に存在した日本の城。 伊達氏の要害の一つであった。現在城跡は遊具などが有り、切岸程度しか遺構は見当たらない。

経歴
慶長9年(1604年)に完成した。臥牛城のひとつである、慶長年間1596年頃1615年くらいにかけて、伊達氏の家臣で伊達一族となった砂金実常による築城で、先端部に本丸、その東側の丘陵部に二の丸を配し、二の丸と丘陵部との間には土塁と掘り切りを設けた。

伊達氏の21要害の一つである、他の伊達氏の城と同じように元和の一国一城令により、川崎城から名前を川崎要害として存続した。現在は公園となっており公園化により改変があり、切岸以外、僅かな土塁の痕跡以外に、これという遺構は見られない。かつてのニノ丸には川崎町立川崎小学校が隣接する。頂上から麓まで大きなローラースライダーがある。

川崎城の口コミ情報

武蔵守伊達一輝様[2018年05月27日]
戦国末期1573年(天正1年)砂金氏8代常久が、川崎城近くに前川本城を築城。11代常房が前川城に移転(1609年)するまで居住。(36年間)伊達氏の防衛拠点。

中世連郭式山城、東西南北ともに200m,本丸、二の丸と大規模な土塁と空堀で馬出曲輪を構え、そこに内枡形を二つ重ねてつけた異様なほど技巧的な虎口をもつ。
まさに「土の芸術」です。

※駐車場、トイレはありません。

中務少輔きたろう三世様[2013年07月30日]
小学校の隣だが、遺構は全体の形状から察するしかない(藪を探索すれば何か見つかるかも)。川崎ICの向こうには砂金氏の前川本城があるが、こちらは遺構が良好に残ってい
る。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore