船岡城(ふなおかじょう)

船岡城の基本情報

通称・別名

舟岡(船岡)要害、芝田(柴田)城、四保館、四保城

所在地

宮城県柴田郡柴田町船岡館山

旧国名

陸前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

四保定朝

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

芝田氏、屋代氏、原田氏、柴田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

小堤城(宮城県亘理郡)[8.4km]
亘理城(宮城県亘理郡)[8.7km]
角田城(宮城県角田市)[9.7km]
平沢城(宮城県刈田郡)[10.4km]
白石城(宮城県白石市)[13.4km]
遠倉館(宮城県伊具郡)[14.4km]
根添城(宮城県仙台市)[15.3km]
下野郷館(宮城県岩沼市)[15.4km]
地蔵院館(宮城県白石市)[15.9km]
丸森城(宮城県伊具郡)[16.0km]

船岡城の解説文



船岡城(ふなおかじょう)、または四保館(しほたて)は、宮城県柴田郡柴田町大字船岡字舘山(四保山)にあった日本の城(山城)。「四保館跡(船岡城址)」として柴田町指定史跡。別名を芝田(柴田)城、舟岡(船岡)要害ともいう。本丸にある二等三角点「船岡」()の標高は135.86メートル[1]

概要 

南西の大河原盆地を流れてきた白石川に北西の村田盆地を流れてきた荒川が合流して東に流れるとすぐ、北側に韮神山()、南側に四保山が屹立する。両山に挟まれた溢出路を抜けて東の船岡盆地に入ると白石川は阿武隈川と合流し、高舘丘陵と亘理地塁山地との間の峡部を抜けて仙台平野に至り、仙台湾へと流れ出る。大河原盆地は白石川沿いに東山道やそれを受け継いだ奥州街道が通り、村田盆地は荒川沿いに山形県(出羽国/羽前国)側と繋がる街道が通っていた。すなわち、韮神山と四保山による峡部は街道や舟運が集中するボトルネックであったため軍事的に重要であり、四保山に船岡城が築かれたものと考えられる。

現在は船岡城址公園となっていて、公園内には約1000本の桜がある。春には城下を流れる白石川堤防沿いの桜並木(一目千本桜)と船岡城址公園の桜が一体となって美しい桜の景観を造り出している。1990年(平成2年)には一目千本桜とともに宮城県で唯一日本さくら名所100選の地に選ばれ、毎年4月中旬の見頃の時季には多くの花見客で賑わう。秋には「みやぎ大菊花展柴田大会」が開催される。頂上へはスロープカー(期間限定運行)で行くことができる。城に由来する建造物はないが、頂上には高さ24メートルの船岡平和観音があり、中に入って外部を眺望することが可能である(※2016年(平成28年)6月現在、東日本大震災の影響で観音像の胎内に入ることはできない。)[2]

当園からの眺望は、「みやぎ蔵王三十六景」の1つに選ばれている[3]

歴史 

  • 1200年(正治2年)頃 - 芝田次郎が居城。同氏は宮城小四郎家業(宮城四郎)によって追討を受ける。
  • 16世紀初頭 - 伊達氏の家臣で柴田家の祖・四保但馬定朝の居城となった。
  • 1593年(文禄2年)- 屋代景頼が居城。
  • 1615年(元和元年) - 原田宗資が居城。
  • 1671年(寛文11年)- 原田宗輔が寛文事件(伊達騒動)で斬死し、原田氏断絶。
  • 1681年(天和元年) - 柴田宗意が5000石を拝領し居城。
  • 1694年(元禄7年) - 柴田氏が三の丸に居館を築造し、居住した。
  • 1970年(昭和45年) - NHK大河ドラマ『樅ノ木は残った』の放送で注目を浴びる。第1回「しばた菊人形まつり」開催。「リフトカー」運行開始。
  • 1971年(昭和46年)10月6日 - 柴田町指定史跡に指定された。
  • 1975年(昭和50年)10月 - 柴田町出身の個人が7500万円をかけて「船岡平和観音」を建立。
  • 1990年(平成2年) - 日本さくら名所100選に選ばれた。
  • 1996年(平成8年)10月 - リフトカーに替わって「スロープカー」運行開始[4]
  • 2003年(平成15年) - 「しばた菊人形まつり」を「しばた菊の祭典」に改称して内容を一新した。
  • 2004年(平成16年)3月 - 「みやぎ蔵王三十六景」の1つに選ばれた。
  • 2007年(平成19年) - 「しばた菊の祭典」に替わって、「みやぎ大菊花展柴田大会」が始まった。
  • 2010年(平成22年) - 例年12月に開催されている「しばた光のページェント」の会場に船岡城も初めて加わり、スロープカーも運行された。
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生。船岡平和観音が被災して胎内拝観を休止。
  • 2015年(平成27年) - 老朽化と東日本大震災の被害を受けた船岡平和観音の修復工事を行う。
  • 2016年(平成28年) - 船岡平和観音の修復工事が完了。

写真 

昇降施設 

当城は急峻な地形であるため、観光客を運搬する昇降施設が設置されてきた。1970年(昭和45年)には「リフトカー」(つるべ式ケーブルカー型)が設置されたが老朽化したため、1996年(平成8年)10月に「スロープカー」(跨座式モノレール)が替わって運行を開始した[5]

スロープカーの現在の正式名称は「柴田町船岡城址公園スロープカー」で、所在地は柴田町大字船岡字舘山19番地23[6]。柴田町観光協会が観光整備資金から1億1999万5000円を借りて設置し、管理・運営をしてきたが、2009年(平成21年)10月30日に同協会が解散したため柴田町に無償譲渡された。同町は条例を制定して所有し、指定管理者を選任して管理・運営を委託している。

他のスロープカーと同様に法律上はエレベーター扱い(斜行エレベーター)であり、鉄道・軌道路線ではない。

路線概要

スロープカーは嘉穂製作所(福岡県飯塚市)製、全線単線で行き違い施設は無く、1両20人乗り2両編成(編成定員40名)が1編成のみ、総延長305m[7]のレール上に存在し、片道3分40秒をかけて「山頂駅」(高架駅)と「山腹駅」(地上駅)の間を行き来している。運賃は大人片道250円。

観光客動線集積地と標高
標高 位置
本丸 約135m
山頂駅 約120m
山腹駅 約50m
船岡城址公園内駐車場 約40m
しばたの郷土館駐車場 約10m

運行期間

2010年(平成22年)にスロープカーが運行されたイベントは以下の通り。

  • しばた桜まつり(4月上旬から下旬の桜の開花期の昼間および夜間ライトアップ時に運行)
  • みやぎ大菊花展柴田大会(10月下旬から11月上旬の土日祝日の昼間運行)
  • しばた光のページェント(12月上旬から下旬の土日祝日の夕方から夜にかけて運行)

アクセス 

  • JR東北本線・船岡駅下車、徒歩10分。
  • 東北自動車道・村田ICより約11km、白石ICより約12km。仙台東部道路・岩沼ICまたは亘理ICより約14km。
  • 駐車場:
    • 船岡城址公園内駐車場。平時および「みやぎ大菊花展柴田大会」期間中は無料。
    • 2007年(平成19年)より「しばた桜まつり」期間中は駐車場が一部有料化された。2010年(平成22年)は船岡城址公園内駐車場、および、隣接するしばたの郷土館駐車場(150台、大型バス5台)の約350台分が有料になった。その他、近隣に無料の臨時駐車場が設けられている。

船岡城の口コミ情報

2020年02月14日 わる爺陸前守
城址公園駐車場[船岡城  駐車場]



城下最大の駐車場。歴史館やお花見シーズンはこちらをご利用ください。

2017年03月26日 【隠者】史学会帰新参
船岡城

 1671年の伊達騒動当事者の原田甲斐宗輔が入っていた城で有名です。「樅の木が残った」のモデルになった木が残っています。
 伊達騒動で原田家の男子全員が死罪となり断絶した後、柴田宗意が舟岡要害に入ります。
 柴田宗意は伊達騒動のもう一方の当事者柴田外記朝意の子です。柴田朝意は土佐久礼城主佐竹親直の子で母は長宗我部元親の娘になります。朝意は元親の孫になります。父佐竹親直は大阪の陣で長宗我部盛親に従い討ち死にし、大阪城落城後に母と朝意は伊達家に捕らえられて仙台に行きそのまま伊達家に仕えます。重臣柴田氏の婿養子になり柴田氏の名跡を継いで柴田朝意と名乗ります。
 そして運命の伊達騒動をむかえます。騒動の審問のため幕府から出頭を命じられ、子の宗意に遺書といえる内容の書状に送ります。決死の覚悟で江戸に行き大老酒井忠清と老中のもと審問を受けます。審問中に原田甲斐が突然伊達宗重を切りつけ、朝意は甲斐と斬り合いなり重傷を負い、当日死亡します。
 柴田朝意以降の柴田家は幕末まで舟岡要害に入り続きます。



2013年10月07日 片倉左衛門佐七之助
船岡城

ぼんやり〜ぬ 見たかたはご存じの通りに観音様の内部入れません…
震災の影響です

2010年10月04日 サムライ陸前守はる
船岡城

柴田町・大河原町内のR4沿いで落城できます船岡城跡は船岡城址公園になっており、桜100選に選ばれている場所です。4月中旬頃が見頃ですよ

船岡城の周辺スポット情報

 船岡城址公園案内図(碑・説明板)

 本丸跡説明板(碑・説明板)

 村田城(周辺城郭)

 さくらの里(御城印)

 観光物産交流館さくらの里(トイレ)

 二の丸跡にはトイレがあります。(トイレ)

 駐車場(駐車場)

 城址公園駐車場(駐車場)

 スロープカーのりば(関連施設)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore