笠置城(かさぎじょう)

笠置城の基本情報

通称・別名

笠置山城

所在地

京都府相楽郡笠置町笠置笠置山

旧国名

山城国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

後醍醐天皇

築城年

元弘元年(1331)

主な改修者

主な城主

後醍醐天皇、木沢氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堅堀

指定文化財

国史跡(笠置山)

再建造物

周辺の城

柳生陣屋(奈良県奈良市)[3.1km]
北村城(奈良県奈良市)[5.5km]
平清水城(奈良県奈良市)[7.4km]
白栖城(京都府相楽郡)[7.4km]
鹿背山城(京都府木津川市)[9.1km]

笠置城の解説文

笠置城は、京都府相楽郡笠置町にある笠置山(標高288m)にあった城郭である。

笠置山の概要
京都府南部の笠置町内にある山。府立笠置山自然公園に指定されている。

1331年に鎌倉幕府の倒幕計画が発覚した後醍醐天皇は三種の神器を保持して笠置山にて挙兵、篭城して元弘の乱の発端となった。 信仰の対象としての歴史は弥生時代にまで遡るとされ、山中にはかつて修験道の行場であり1300年の歴史をもつ笠置寺がある。 桜、紅葉の名所としても有名である。国の史跡および名勝に指定されている。

笠置城の口コミ情報

なつりん武蔵守様[2018年02月26日]
鎌倉時代後期 太平記で有名な鎌倉幕府の打倒を企てる後醍醐天皇と幕府軍が争った『笠置山の戦い』の舞台。
当時の合戦の痕跡を唯一残す『ゆるぎ石』は是非とも現地に出向いて頂くことオススメです。

ゆるぎ石は幕府軍の奇襲に備えて置かれたとされており、その名の通り手で触れると今にも落ちそうな感じ…なのですが、ちょっとやそっとで揺れませんよ♪

また、下山後の麓には旅の疲れを癒す天然温泉が待ってます。
勿論、露天風呂もあり、お食事も出来ます♪

天然わかさぎ温泉 笠置いこいの館
京都府相楽郡笠置町隅田24
TEL:0743(95)2892(代)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore