柏原城(かしわらじょう)

柏原城の基本情報

通称・別名

滝野城

所在地

三重県名張市赤目町柏原字滝野

旧国名

伊賀国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

築城主

滝野氏

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

滝野氏、百地氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切、井戸

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

名張城(三重県名張市)[3.2km]
笠間城(奈良県宇陀市)[6.5km]
下山甲斐守城(三重県名張市)[6.5km]
桜町中将城(三重県名張市)[8.5km]
畑城(奈良県山辺郡)[9.7km]

柏原城の解説文

柏原城(かしはらじょう)は、現在の三重県名張市赤目町柏原に所在した日本の城。滝野城とも呼ばれる。

立地と構造
高善山(竜神山)の北西にあたる丘陵地にあり、単郭四方土塁・周濠の城で、多重の空堀などの構造を持つ。東側に二重の空堀、主郭虎口の石垣痕跡が現存、東隅に「御滝女郎化粧井戸」と呼ばれる大井戸が残っている。

歴史
1558年(永禄元年) - 1570年(元亀元年)の間に滝野貞清が築城したとされる。1574年(天正2年)に貞清が死去した後は滝野吉政が継ぐ。1581年(天正9年)の天正伊賀の乱では、城主・滝野吉政や百地丹波をはじめ、近在や比自山城から落ち延びてきた土豪など、1600余人で立て篭もり織田信長に抵抗した。最終的には和議に応じて開城した。

周辺
赤目口駅
赤目四十八滝

柏原城の口コミ情報

三河守コーキしゃん様[2014年02月05日]
ピンの位置より南西にある「勝手神社」を目指します。

勝手神社に石碑と一台分の駐車スペースがあります。

登城口は、勝手神社から北に歩いて行くと説明板が立っているので、すぐに分かると思います。

赤目まちづくり委員会のご尽力により、前回来た時より遥かに綺麗に整備されていました。

石落としと呼ばれる凹凸のある土塁や二重の空堀、井戸等、とても見応えのあるお城です。

天正伊賀の乱、最後の砦で歴史的にも価値のあるお城なので、近くを通った際は是非、足を運んでみて下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。