大槌城(おおづつじょう)

大槌城の基本情報

通称・別名

浜崎城、古館

所在地

岩手県上閉伊郡大槌町14地割字稲本

旧国名

陸中国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

大槌次郎?

築城年

建武元年(1334)

主な改修者

主な城主

大槌氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

県史跡(大槌城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

狐崎城(岩手県釜石市)[9.4km]
大梵天館(岩手県宮古市)[25.6km]
千徳城(岩手県宮古市)[30.8km]
火渡館(岩手県遠野市)[31.2km]
鍋倉城(岩手県遠野市)[32.0km]

大槌城の解説文

大槌城(おおづつじょう)とは、岩手県上閉伊郡大槌町にかつて存在した山城。代々大槌氏が城主を担当した。室町時代、大槌次郎なる人物によって築造されたと言われている。浜崎城とも呼称されていた。規模は東西が700m、南北が100mに及ぶ。

概要
1334年から1338年頃、大槌町の背後にある山の上に築造された。砦と四つの郭から構成され、砦は堀で囲まれている。

1437年、(永享9年)大槌孫三郎が岳波太郎に呼応して阿曽沼氏を攻めた際、阿曽沼氏を支援した南部氏に大槌城は攻撃を受けた。しかし、城の両側を流れる川など、天然の要害を生かして攻撃を巧妙に防ぎ、遂には流れ矢によって敵将南部守行を討ち取ったという。

城主の大槌氏は、その後1616年に謀叛の嫌疑によって粛清され滅亡した。

参考文献
「青森・岩手・秋田の城郭」(日本城郭大系・新人物往来社)

大槌城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード