狐崎城(きつねざきじょう)

狐崎城の基本情報

通称・別名

所在地

岩手県釜石市浜町1

旧国名

陸前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

狐崎玄蕃

築城年

文明〜文亀年間(1469〜1504)

主な改修者

主な城主

狐崎氏、荒谷肥後

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

大槌城(岩手県上閉伊郡)[9.4km]
世田米城(岩手県気仙郡)[31.1km]
鍋倉城(岩手県遠野市)[31.6km]
大梵天館(岩手県宮古市)[32.1km]
火渡館(岩手県遠野市)[33.4km]

狐崎城の口コミ情報

野舘宮内少輔サラマンダー様[2012年10月05日]
浜町の商店から山に登る道が狐崎城への入口です
駐車場やトイレ等はありません
本郭は整備されておらず、熊等が出るらしいので(市教育委員会の方からの情報)、中腹にある狐崎城の石碑と、その左手にある狐崎稲荷社と、石碑の右側少し下った所にある祠(?)が全てだと思います
また、狐崎稲荷社の前方は、釜石市を一望出来る場所となっております

夜は星空が綺麗に見渡せます

野舘宮内少輔サラマンダー様[2012年09月12日]
…続き 3/3

時に磐井郡東山の民長白石豊後も一族十五騎、歩卒三百人を率いて信真に属す。岩出山城よりも旗本の士卒相加り、狐崎城を攻め抜き籠城のもの百六十一人を虐殺し、注文を以て捷を示達する。」とある。当地は南部藩と伊達藩の藩境付近であり領土問題が複雑に絡んでいると考えられている。この一揆を平定したのは伊達藩であったが所領は南部藩となった経緯がある。(釜石市詩編纂委員会 1977)。
〔種別〕城舘跡
〔時代〕中世・近世
〔遺物〕なし
〔遺構〕平場4ヶ所・空堀2ヶ所
〔文献〕釜石市誌編纂委員会1960 釜石市誌編纂委員会1977
    岩手県教育委員会1986 釜石市教育委員会1981
    岩手県教育委員会1986



 —13—


ページ右上写真文章より…

写真9 狐崎舘 大手(南東より)

写真10 狐崎舘 北側空堀(西より)

写真11 狐崎舘 平場(南より)




…以上、連続4回(3回分で史料丸々1ページページ区分、正宗、館を舘に直してあります)も口コミに記入してしまい、失礼致しました〜

野舘宮内少輔サラマンダー様[2012年09月12日]
…続き 2/3

狐崎城の築城年代や築城者についてははっきりと分かっていないが、宇夫方文吾著『阿曽沼家乗』に阿曽沼氏の家士で釜石地方にいたものとして「柏舘新五右衛門居甲子村柏舘、野舘宮内居釜石村八幡舘、狐崎玄番居釜石狐崎舘、後移附馬牛村」と記述されていることから、元々は狐崎玄番の城跡であり、築城者も同様で、築城の時期については室町時代中頃(応永年間〜文亀年間)と考えられている(釜石市教育委員会1981)。その後、慶長6年(1601)まで資料に乏しくはっきりしていない。関ヶ原の戦いの翌年の慶長6年(1601)に狐崎城を中心とした釜石一揆が惹起している。詳細な史料は『釜石市誌史料編一』(釜石市誌編纂委員会1960)に「一、慶長六年七月七日狐崎落城に關する史料。」が掲載されている。その内容は田中喜多美氏の論文に詳しいので引用すると「慶長六年七月七日、狐崎落城す。南部領閉伊郡釜石邑狐崎の城主、阿曽沼氏の臣荒谷(新谷とも書く)肥後、葛西の浪士鹿折信濃及び金堀等を集め、一揆を起こし狐崎城に盾籠る。中島大蔵信真は、正宗(?伊達政宗の事かな…?)の命を奉じて退治向かう。


…続く 2/3

野舘宮内少輔サラマンダー様[2012年09月12日]
釜石市埋蔵文化財調査報告書第3集 釜石市遺跡詳細分布調査概報Ⅱ —釜石地区— 2003・3 岩手県釜石市教育委員会


8.狐崎舘キツネザキダテ(狐崎城キツネザキジョウ)[MG62-1364] 〔所在地〕大字釜石第2地割
釜石湾北側、釜石市役所北側に位置し、急峻な山の稜線上に立地する。標高は約50m〜120mで、古くから城跡として知られている場所である。
頂部の平場が主郭(本丸)と考えられ、北側の山稜との間に空堀りが設けられている。また、主郭から釜石湾に向かって伸びる稜線上に二の丸と呼ばれる平場がある。北側の山稜を背にし、東西南方は断崖となっており、典型的な山城となっている。湾に面した南側が大手といわれ、舘の下という呼称が残る。また、西側の釜石小学校が搦手といわれ荒屋敷と呼ばれている(岩手県教育委員会1986)。今回の調査では南側の平場周辺に空堀が認められた。また、東と西の斜面には人が一人通れる程度の細長い階段状の地形が認められ、城舘構造の一端をなしていたと考えられる。


…続く 1/3

野舘宮内少輔サラマンダー様[2012年09月11日]
狐崎舘(狐崎城)
2012年9月9日16時35分(15分)
同日18時10分(30分)
9月11日、東日本大震災から1年半、17時10分(10分)
合計時間・55分

先ずはご協力下さいました釜石市にお住まいの皆様、ありがとうございました。
また、東日本大震災より本日で1年半。
この刻にここにいるという偶然、きっとご先祖様がそうさせたとしか思えません…
9日夜中に帰ろうと東京を出発しましたが、そのようにさせているのかもしれません…


これ以降の口コミは、

釜石市教育委員会事務局(Tel 0193-22-8835)

釜石市郷土資料館
(Tel 0193-22-2046)

キチンとこのサイトを紹介し、ご覧頂いた上で全掲載の許可を頂いております。

資料の文章を全て書き込みますが、一部編集違いがありますので、その文字を正しい漢字でこちらには記載したいと思います。
勿論私も間違えるかもしれませんが、一所懸命に記入します。

東日本大震災、釜石市在住、そして地球全体の、穏やかとした生活を、深くお祈り致します…

代書屋図書助様[2010年07月11日]
…倒れないように

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore