正院川尻城(しょういんかわしりじょう)

正院川尻城の基本情報

通称・別名

黒滝城

所在地

石川県珠洲市正院町川尻

旧国名

能登国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

長景連

築城年

天正4年(1576)

主な改修者

主な城主

長氏

廃城年

遺構

曲輪、腰曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸、掘立柱建物跡

指定文化財

市史跡

再建造物

碑、説明板

周辺の城

松波城(石川県鳳珠郡)[11.3km]
棚木城(石川県鳳珠郡)[20.2km]
天堂城(石川県輪島市)[39.7km]
穴水城(石川県鳳珠郡)[41.6km]
二穴城(石川県七尾市)[44.6km]

正院川尻城の解説文

正院川尻城跡は、飯田湾を臨む標高約30mの台地先端部にある。地元では、「要害」「下要害」「高要害」などと呼ばれている。城郭は、5つの平坦部(郭)から成り、広いものは約100×50mを測る。

そのほか腰郭、土塁、堀、井戸、塚などが確認できる。

平山城に分類される、県内屈指の中世城館跡である。これは、鳳至郡大屋荘の地頭長谷部信連の一族が、珠洲郡支配の拠点として鎌倉後期ころから整備を始めたと考えられている。

昭和59~61年(1984~86)の試掘調査では、幅13m、深さ約6mの空堀跡が検出されている。平坦部では溝跡、柱穴が検出され、掘立柱建物の存在が推定された。出土品は土師質土器、珠洲焼、瀬戸焼、中国染付片などがあった。

天正4年(1576)、越後の上杉謙信が能登攻めを開始し、畠山氏(七尾城)を滅ぼして能登全域を占領した。上杉家臣の長景連が、珠洲郡支配のために川尻城に入った。景連は越後の黒滝に住んでいたので黒滝長ともいい、このため本城は後に黒滝城とも呼ばれた。

天正7年、畠山旧臣の温井景隆らの反撃をうけ、敗れた景連は越後に撤退した。

天正10年、景連はふたたび奥能登に攻め込むが、前田利家の与力長連龍に撃退され、川尻にて討ち取られたと言われる。景連の先祖は正院から越後に渡ったとされ、連龍とは長谷部信連につながる同族であった。

その後、川尻城に城主が入ることはなく、間もなく廃城となったようだ。

情報提供:珠洲市教育委員会事務局文化財係

正院川尻城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore