松波城(まつなみじょう)

松波城の基本情報

通称・別名

所在地

石川県鳳珠郡能登町松波

旧国名

能登国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

畠山義智

築城年

文明6年(1474)

主な改修者

主な城主

松波氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、堀切、土塁、横堀(空堀)、庭園、搦手門

指定文化財

国名勝(旧松波城庭園)、町史跡

再建造物

石碑

周辺の城

棚木城(石川県鳳珠郡)[9.2km]
正院川尻城(石川県珠洲市)[11.3km]
穴水城(石川県鳳珠郡)[31.9km]
天堂城(石川県輪島市)[32.7km]
二穴城(石川県七尾市)[33.4km]

松波城の解説文

松波城(まつなみじょう)は、石川県鳳珠郡能登町に存在した城。

概要
文明6年(1475年)、能登畠山氏3代目当主畠山義統の3男の畠山義智により築城された。

以後、6代に渡り松波畠山氏の居城として奥能登一帯を統治することとなる。

天正5年(1577年)、七尾城陥落後に上杉謙信家臣長沢光国に攻略され、6代目当主松波義親は自害し落城する。

現在
現在は遊歩道などが作られ、城址公園として整備されている。

近年、枯山水式の庭園の跡が発掘され、1991年には県指定史跡に指定された。

搦手門は万福寺の山門に移築されたと伝えられ、現存している。

松波城の口コミ情報

速水右近様[2017年02月23日]
縄張りの広さに驚かされます。花もあちこち咲いて綺麗です。遺構など見所は増えるのでは?枯山水の復興を期待します。

芦屋兵庫頭虎吉様[2016年06月03日]
車で本丸横までいけます。2016年5月現在も、ブルーシートで覆われた部分も多いのですが、見学自体に支障はありませんでした。
堀切の下を廃線が通っていたり、結構うねうねした竪堀や空堀もあるので、ライトに楽しめます。
庭園跡が今後どのように保全されるのか、気になるところです。

哉井能登守まや様[2015年12月29日]
2015年12月現在は発掘調査のため城址公園に入れませんでした。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore