岡崎城(おかざきじょう)

岡崎城の基本情報

通称・別名

所在地

神奈川県伊勢原市岡崎(無量寺)

旧国名

相模国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

岡崎義実

築城年

平安時代中期

主な改修者

三浦義同

主な城主

岡崎氏、三浦氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸

指定文化財

市史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

真田城(神奈川県平塚市)[2.7km]
公所ほんの内屋敷(神奈川県平塚市)[3.8km]
中原御殿(神奈川県平塚市)[4.2km]
糟屋館(神奈川県伊勢原市)[4.4km]
梶原景時城(神奈川県高座郡)[6.5km]

岡崎城の解説文

岡崎城は、平安時代末期から鎌倉時代の武将である岡崎義実によって築城された城郭である。

岡崎義実は鎌倉時代になると幕府から岡崎の地を安堵され、岡崎城を居城として周辺を領有した。

だが室町時代になると三浦時高がこの地を領有するようになる。

その三浦氏も北条早雲によって攻略され、同地は後北条氏の領地となる。岡崎城はその後廃城となったとされている。

岡崎城の口コミ情報

まー宮内卿様[2017年02月02日]
住職曰く『お城の跡地に建っているため何も観るものもありません』と言われました。駐車場は境内にもありますがその日は午前中から法事があるのと入口が狭かったため住職から『短時間ならOK』の了承を得て境内前の道路へ路駐。但し土曜日でしたが横切る車はほぼありません。先人も言われる通りお墓の裏に空堀・畑が郭跡でした。また境内前の道を少し下り『岡崎四郎義實公墓』の矢印板通りに進むと畑がありそこも空堀跡。なお『岡崎四郎義實公墓』は徒歩約10〜15分ほどです。途中左手に真新しい住宅地が続きますが気にせず進んでください。境内に井戸がありましたが後世のもののようでした。

釧路守壱百弐拾五様[2011年05月09日]
境内の浦手にあたる方面に三浦氏の墓が在り、そこへの途中の畑がまさに空掘り跡の形をしてます。他にも痕跡がたくさんありそうで〜す。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore