今井砦(いまいとりで)

今井砦の基本情報

通称・別名

今井城

所在地

神奈川県横浜市保土ヶ谷区今井町

旧国名

武蔵国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

今井兼平?

廃城年

遺構

横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑(今井城址)

周辺の城

永田陣屋(神奈川県横浜市)[2.9km]
中田加賀守屋敷(神奈川県横浜市)[3.3km]
岡津城(神奈川県横浜市)[3.9km]
蒔田城(神奈川県横浜市)[4.7km]
太田道灌屋敷(神奈川県横浜市)[5.0km]
野庭関城(神奈川県横浜市)[6.3km]
青木城(神奈川県横浜市)[6.4km]
権現山城(神奈川県横浜市)[6.6km]
畠山重保館(神奈川県横浜市)[6.7km]
神奈川台場(神奈川県横浜市)[7.0km]

今井砦の解説文



今井城(いまいじょう)[1]、または今井砦(いまいとりで)[2]は、神奈川県横浜市保土ヶ谷区今井町に存在した日本の城(砦)跡。木曽義仲の家人・今井兼平の居城とする伝承がある。

概要 

帷子川の支流・今井川左岸に面した丘陵部から南向きに張り出す一尾根筋に立地し、現在「城山稲荷」と呼ばれる稲荷社のある東西15メートル×南北20メートルほどの平坦面が城跡とされる。『新編武蔵国風土記稿』「今井村」項では、平安時代(12世紀)末に木曽義仲に仕えた今井兼平の居城とする地元の伝承を紹介しつつ「されど外に証とすべきことなし。」としている。また当地から太刀金具と小皿8枚が出土したことや「嘉元2年(1304年)5月」の銘のある石碑(板碑?)の存在を伝えている。なお横浜市の遺跡地図や保土ヶ谷区のホームページでは、1955年(昭和30年)の調査で城山稲荷社山腹から古銭が出土したとし[3]、遺構の年代を「室町末」としている。

城跡とされる城山稲荷社の背後には、長さ10メートル×幅5メートル×深さ2メートルほどの、南向きに「コの字」形を呈する堀切が残り、尾根筋を遮断している。『日本城郭大系』6巻は、城郭としての規模は「小砦」の域を出ない小規模なものとしつつ、砦の西側山麓に鎌倉道が通っていることから、その押さえ、または監視のために造られた砦ではないかと考察している。

現地には横浜市長・細郷道一が揮毫した「今井城址」の石碑が建てられている。

参考文献 

  • 平井聖ほか 1980「今井砦」『日本城郭大系』新人物往来社 pp.289
  • 横浜市埋蔵文化財センター 2016「城郭伝承地一覧表(今井城)」『埋文よこはま-横浜の中世城郭-(https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/maibun/kouhou/history.php)』第33号 p.8
  • 【書籍】「新編武蔵風土記稿」|publisher=内務省地理局|date=1884-6|ref=}}
  • 【書籍】「新編武蔵風土記稿」|publisher=内務省地理局|date=1884-6|ref=}}

今井砦の口コミ情報

2022年07月07日 大炊頭ヒデキ
今井砦

入口がわかりづらい。夏の時期は草ぼうぼうの為、冬の時期がいいと思います。

2022年05月04日 弥勒寺木工頭YT
今井砦

予習はかなりして行きました!余呉先生、松岡先生etc. しかし、東西方向に走る問題の『堀切』以外は城跡感確かに皆無と言ってもいいくらい。堀切から比高が上がっていくのは、七沢城の残存大堀切と同じで、遮断効果はかなり疑問符。金剛寺にある頂部まで含めた城域縄張図は、一体どこからの出典なの?と、思ってしまうほど盛ってます。でも、お寺の方は大変親切にお話してくださいましたよ!城山稲荷への入口は南と東側からの2箇所。しかし、いずれも住宅間のごく狭い通路で、かなり分かりづらい。案内の標柱も撤去したのか、ありませんでした。稲荷社境内の城跡石碑は立派なものでした!

2022年03月28日 左近衛少将てつ
今井砦

増田屋の向かい側の小道を登って行くと、1分ほどで今井城址の石碑があります。
入口は分かりづらいです。

2021年08月16日 五瓜ニ唐花紋太政大臣や~きみ
今井砦

住宅街。車を停めれるのは、最寄コインパーキング タイムズ新桜ヶ丘第3 。

2020年11月02日 でんろく左京大夫パルキー
今井砦



民家の横の細い道を歩いて行くと階段があり、少し上ると昭和57年設置の城址跡があります。室町時代初期に築城されたと記載されていました。

今井砦の周辺スポット情報

 佐原義連陣跡地(寺社・史跡)

 鎌倉街道中ノ道(その他)

 鎌倉街道中ノ道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 旧・東海道(その他)

 登城口(その他)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore