神奈川台場(かながわだいば)

神奈川台場の基本情報

通称・別名

所在地

神奈川県横浜市神奈川区神奈川1-17-3

旧国名

武蔵国

分類・構造

台場

天守構造

なし

築城主

伊予松山藩

築城年

万延元年(1860)

主な改修者

主な城主

伊予松山藩、 古河藩

廃城年

遺構

石垣

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

権現山城(神奈川県横浜市)[0.6km]
神奈川御殿(神奈川県横浜市)[0.7km]
青木城(神奈川県横浜市)[0.8km]
太田道灌屋敷(神奈川県横浜市)[3.7km]
寺尾城(神奈川県横浜市)[4.3km]

神奈川台場の解説文

神奈川台場(かながわだいば)は横浜市神奈川区にある、江戸末期に勝海舟により設計され伊予松山藩が築造した台場。

概要
他の台場には見られない船溜まりという構造を持つ。 現在のJR貨物 東高島駅あたりになる。 砲台を設置し、戦の備えとして作られたが実戦に使用されたことは無く、諸外国の貴賓が港に入った際に祝砲を上げていたという。(横浜開港資料館を参照。) 埋立には、権現山(現在の幸ヶ谷公園付近)の土砂が使われた。

現在
周辺は埋立が進んでおり、完全な当時の姿を見る事はできないが、いくらかの痕跡を見ることができる。 「わが町 かながわ とっておき」のルート8 歴史の道・ポートサイド地区のポイントに「神奈川台場跡」があり、案内板が設置されている。そこでは遺跡の一部である石垣を見ることができる。 船溜まりの場所には神奈川台場公園があり、石積みが復元され、説明板が設置されている。 神奈川地区センターでは、当時の横浜宿付近を再現したジオラマを見る事ができ、そこに神奈川台場の姿を確認できる。

また横浜開港150周年を契機として、横浜駅からバスで約10分程のコットンハーバー地区「星野町公園」内で、神奈川台場の石垣が公園内から見えるように整備が行われた。この公園内からは、一部横浜中央卸売市場内に位地する台場の先端部分まで確認することができ、かなり広範囲の遺構を確認することができる。

神奈川台場の口コミ情報

五瓜に唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
横浜の市場、出川哲朗の実家の海苔屋さんが近いです。
石碑と説明文の看板はがありました。

ぎっちゃん様[2012年09月15日]
星野町公園の隣のマンション「ヒストリアレジデンス海舟」の建設時に見つかった石垣がそのままマンションの一室を資料室とした「喫茶&バー 海舟」に保存されています。(観覧料100円)保存のために一室を提供してくれたオーナーさんに感謝です。歴史ファンとしてはとてもありがたい事ですよね。
台場の形に勝の字を焼き印した銘菓「勝サブレ」も売ってますのでどうぞ。ちなみに勝海舟が神奈川台場を設計。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore