大賀郷陣屋(おおかごうじんや)

大賀郷陣屋の基本情報

通称・別名

八丈島役所

所在地

東京都八丈町大賀郷大里

旧国名

伊豆国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

奥山八郎次郎

築城年

享禄元年(1528)

主な改修者

主な城主

奥山氏

廃城年

明治41年(1908)

遺構

石垣

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

為朝館(東京都大島町)[188.3km]
下田城(静岡県下田市)[191.2km]
館山城(千葉県館山市)[209.7km]
稲村城(千葉県館山市)[211.7km]
安良里城(静岡県賀茂郡)[214.2km]

大賀郷陣屋の解説文

大賀郷陣屋は、八丈島に設けられた陣屋である。

八丈島は関ヶ原の戦いで西軍に属した宇喜多秀家が流されたことで知られるが、室町時代末期から明治時代まで、この陣屋が島の政治・文化の中心であった。

流人が近くの浜から運んだとされる、陣屋跡の玉石垣は必見である。

大賀郷陣屋の口コミ情報

カーネル様[2017年07月20日]
八丈島空港から直線で2.1km

空港を出ると、みんなが迎えの車やバスに乗り込むなか、一人寂しく歩きます
飛行場脇の道を西へ。500mほどで左折して滑走路下をくぐり南下し、県道215を渡り生活道路を南下し続けます
道は広く交通量も少ないので、のんびり歩けます
目の前には三原山で振り返ると八丈富士で景観もよいです

城の北側にある優婆夷宝明神社にお参りして県道に出ると、玉石垣があり大里バス停の向かいには石垣の案内板もあります
バス停の少し北から東へ路地に入る。これだけ同じ大きさの石を揃えるのは大変だったろうと思いました
県道から5分ほどで城跡のふるさと村で、空港からここまで45分

時間が余ってるので、東の歴史民族資料館に寄ってから空港に戻りました。他にもいろいろブラブラしてたら、3時間ほど歩いてました
離島ならではの、のどかさを満喫できて楽しかったです

コロ助様[2016年01月03日]
電動自転車で回りました。

底土港から宇喜多秀家公のお墓まで電動自転車で15分。
苔むした五輪塔で周囲が低い玉石垣で囲われています。

お墓から秀家公と豪姫の像まで15分。
目の前は海、八丈富士も良く見えるロケーションで近くに景勝・南原千畳岩もあります。

底土港から陣屋跡まで20分。
大里バス停真ん前です。遺構は玉石垣のみですが、この辺りは普通のお宅も玉石垣があってとても素敵。近くのふるさと村に駐車場があるので、のんびり徒歩散策がオススメ。ふるさと村のおばさまが囲炉裏で沸かしたお湯でお茶をいれて下さいました。

陣屋跡から30分でふれあいの湯(¥300)。内湯と露天があります。
ふれあいの湯を出て直ぐ豪雨になり、びしょ濡れで自転車をこいでいたらワゴン車のおじさまが拾って下さいました。島の方達は皆さん本当に親切。


フェリーは天候によって出航時間や到着する港が変更される事があります。
実際、八丈島出航が20分早まり、途中で立ち寄った三宅島の到着港が変更になりましたが、島の方達が色々面倒を見て下さり何も問題なく過ごせました。心の底から感謝です。

león飛騨守氏郷様[2015年09月14日]
八丈島空港から徒歩で周りましたが、島の自然が素晴らしく全く苦になりませんでした。
空港から陣屋跡までは歩いて30分程です。

陣屋を築いたとされる奥山氏は扇谷上杉氏・三浦氏の代官として八丈島を管轄していましたが、やがて後北条氏が台頭してくると八丈島もその支配下に入り奥山氏は衰退。
伊勢宗瑞の晩年には後北条氏の八丈島支配が確定したようです。
その後は後北条氏の代官が1〜3年の任期で下田から渡海し、島を治めていました。
(八丈実記・北条五代記を参照)

玉石垣が美しい陣屋跡の周辺には、源為朝を祀った為朝神社、三浦氏や後北条氏が争った際の城跡と考えられている城山があります。
残念ながら城山への登り口は見当たりませんでした。

尚、関ケ原の敗戦後に八丈島に配流された宇喜多秀家の墓は大賀郷1358-1付近。宇喜多秀家と豪姫の像は島の西側海岸、南原千畳敷にあります。

常陸入道ねんさい和泉守様[2014年06月28日]
八丈島行きのフェリーの橘丸の情報

二等は椅子席はなく全てカーペットの和室。各席は顔の部分は衝立がある。コンセントは各席にないが壁に1、2個ある。枕はあるが毛布はレンタル。

特二等は二段ベッドでカーテンで仕切れる。各席にコンセントがある。

一等はマット、毛布、枕がある。各席にコンセントがある。二等を少しデラックスにした感じ。

特一等は 四人部屋の和室と洋室でトイレシャワー付。四人未満での使用ならルームチャージ代が必要。

特等は二人部屋でトイレシャワー冷蔵庫付。コンセントも枕元と壁にある。窓も一番大きかった。

全室禁煙なので船内に喫煙室がある。風呂はないが有料でシャワーがある。レストランもある。
船内の自動販売機はビールが240円、サワーが150円、飲料も増税前の値段で販売でぼったくりなし。

橘丸の試乗会からの情報。

楓橋右大臣夜泊様[2013年01月03日]
本日行ってみました。
島の地図にも載っていなかったので、ふるさと村周辺を歩き回ってみたところ、バス停近くに看板がありました。

おしげ様[2012年07月02日]
島の東側、大里地区にあります。
丸い石の玉石垣が特徴です。
付近の民家も玉石垣に囲まれています。

近くの『ふるさと村』に駐車場があります。

一説によると、昔流人が石1個をおにぎり1個で運んだのだとか。
そう聞くと、玉石垣がおにぎりに見えてきます(笑)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore