安子島城(あこがしまじょう)

安子島城の基本情報

通称・別名

安子ヶ島城

所在地

福島県郡山市熱海町安子島字町他

旧国名

岩代国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

安子島氏

築城年

鎌倉時代

主な改修者

主な城主

安子島氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

高玉城(福島県郡山市)[3.7km]
瀬戸川館(福島県本宮市)[8.6km]
母成峠防塁(福島県郡山市)[14.6km]
三春城(福島県田村郡)[17.1km]
二本松城(福島県二本松市)[17.7km]
守山城(福島県郡山市)[18.5km]
田地ケ岡館(福島県二本松市)[18.9km]
宮森城(福島県二本松市)[19.4km]
猪苗代城(福島県耶麻郡)[20.4km]
小浜城(福島県二本松市)[20.8km]

安子島城の解説文



安子島城(あこがしまじょう)、または安子ヶ島城は、福島県郡山市熱海町安子島字南町にあった日本の城(平山城)。現在は建物はなく城跡のみ残る。

概説 

安子島城は、鎌倉時代から戦国時代まで陸奥国安積郡に栄えた国人領主 安積伊東氏の庶流 安子島氏の居城として築城され、同氏が代々、城主を務めた。室町時代には、鎌倉公方 足利満兼より派遣された篠川御所 足利満直に従い室町幕府方の京都扶持衆 伊達氏らの勢力と対峙した安子島祐義など鎌倉府方ともなった。戦国時代に安子島氏が奥州管領 二本松氏に随身し、安子島右衛門大夫の代までその傘下にあったが、二本松義継が伊達政宗に討たれると、会津の有力国人 黒川城主 蘆名義広に随身した。しかし、伊達政宗が蘆名氏打倒に乗り出し、安積郡の諸勢力ことごとく伊達方に寝返る中、安子島城を預かる安子島祐高ただ一人が義を重んじ、蘆名方についた。しかし、衆寡敵せず、伊達勢の圧倒的な兵力の前に安子島勢は戦わずして降伏し、1589年(天正17年)城兵の助命と引き換えに開城、安子島一族が同城から逃れ、安子島城も廃城となった[1]

現在 

磐越西線安子ケ島駅近くの会津若松駅寄りの線路北側の道路脇に城跡の碑が建てられており、かつては付近に堀も残っていたが、現在は埋没し、地形にその痕跡を残すのみである。

1992年(平成4年)から翌年にかけて発掘調査が行われ、堀や建物跡等の遺構や中世の遺物が出土した[2]

参照文献 

  • 太田亮編『姓氏家系大辞典第1巻』(角川書店、1963年) 63頁参照。
  • 宮城県姓氏家系大辞典編纂委員会編『宮城県姓氏家系大辞典』(角川書店、1996年) 440頁参照。
  • 垣内和孝『郡山の城館』(歴史春秋社、2015年) 16頁参照。
  • 財団法人郡山市埋蔵文化財発掘調査事業団 1993『安子島城跡(https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/23537)』郡山市教育委員会

安子島城の口コミ情報

2021年04月16日 樋ノ口映劇
安子島城



安子ヶ島駅🚉の直ぐ近くに位置してます。案内板がなかったらちょっとわからなかった。

2016年02月21日 西沢岩代守修一
安子島城

最寄り駅は、安子ヶ島駅。駅の出口から左に線路沿いの道をに行くと、石碑があります。車の方は安子ヶ島駅の先にある歩道橋のある信号を右折し、踏切を越えてすぐにある道を左折して下さい。そうすると石碑があります。車の方は郡山方向からルートなので会津から方は逆です。石碑は、分かりやすいので、見つけるのは、容易です。

安子島城の周辺スポット情報

 看板(碑・説明板)

 片平城跡標柱(碑・説明板)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore