富隈城(とみくまじょう/とみのくまじょう)

富隈城の基本情報

通称・別名

所在地

鹿児島県霧島市隼人町住吉龍波見(稲荷山)

旧国名

大隅国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

島津義久

築城年

文禄4年(1595)

主な改修者

主な城主

島津義久

廃城年

遺構

曲輪、石垣、堀

指定文化財

市史跡(富隈城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

国分城(鹿児島県霧島市)[3.8km]
姫木城(鹿児島県霧島市)[4.7km]
加治木城(鹿児島県姶良市)[6.7km]
溝辺城(鹿児島県霧島市)[8.9km]
平山城(鹿児島県姶良市)[10.2km]

富隈城の解説文

富隈城(とみのくまじょう)は、安土桃山時代末期に現在の鹿児島県霧島市隼人町住吉の浜之市地区に存在した城。

沿革
文禄4年(1595年)、豊臣秀吉により強制的に隠居させられた島津義久はそれまで居城としていた内城を退去する事態に追い込まれ、急遽薩摩国と大隅国の境にあり、港が近くにあるこの地に屋形を築いた。これが富隈城である。

通常島津氏の城は裏山に後詰めの山城があるが、この富隈城にはそれに当たる物が無く、秀吉に対して恭順の意を表したとも、或いは秀吉に圧力を掛けられたとも言われている。周囲は南北250m、東西150m、高さ30m余りであり、かつては堀があったとも言われるが、単に丘の上に屋敷がのっかっているだけであり、防御面には非常に弱い城であった。

慶長9年(1604年)、島津義久は隣の国分に新しい城・国分城を築いて移り、富隈城は廃城となった。

義久がこの地に移転したのは不本意なことであったらしいが、その僅かな在城期間に城下の浜之市の港を整備して商人を招き、江戸時代には坊津、山川等と並ぶ薩摩藩内では栄えた港の一つとなった。この地で行った開発を義久は国分で引き続き行っており、実験的な城下町の一つだったと考えられる。

現在は石垣のみが残っており、北側には公園ができている。南東隅の石は加藤清正が寄進したものと伝わる。

富隈城の口コミ情報

可児おじさん正木丹波様[2010年06月08日]
隼人駅方面から国道223号線を南下すると左手(東側)に案内板が見えますので、道なりに進んで行くと画像の解説板がある場所まで車で入って行けます。
僅か10年で廃城になってしまった城ですが、所々に石垣も見られ、秀吉に屈して移転させられたとは言え、九州の覇者としての最低限の意地を感じさせます。
解説板以外にも石碑があります(^-^)b

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore