勝賀城(かつがじょう)

勝賀城の基本情報

通称・別名

所在地

香川県高松市鬼無町佐料

旧国名

讃岐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

香西資村

築城年

承久3年(1221)

主な改修者

主な城主

香西氏

廃城年

天正13年(1585)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(勝賀城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

藤尾城(香川県高松市)[1.7km]
芝山城(香川県高松市)[2.1km]
筑城城(香川県高松市)[2.5km]
室山城(香川県高松市)[5.5km]
高松城(香川県高松市)[6.5km]

勝賀城の解説文

勝賀城(かつがじょう)は、香川県高松市鬼無町佐料にあった日本の城である。

概要
勝賀城は中世讃岐国の豪族・香西氏の城で、高松市西部の勝賀山に位置していた山城である。現在は山上に土塁や井戸等の遺構が残っている。

承久3年(1221年)、承久の乱で戦功をあげ、香川・綾両郡の郡司に任じられた香西資村(藤原資村)は勝賀山山上に城を、東麓に平時の居城である佐料城を築き、以後香西氏の本拠となった。

室町時代になると、香西氏は讃岐国領主で室町幕府管領の細川氏の臣下として重きを成し、また瀬戸内海の塩飽水軍や村上水軍と連携し、貿易を行ったため、香西の城下町や港は大いに栄えた。この香西城下町は、敵の襲来に備え、迷路のように道が入り組んでいたため「香西の向き向き」と呼ばれた。讃岐国領主が細川氏から三好氏、十河氏にうつると、香西氏はこれに従った。

天正3年(1575年)、長宗我部元親の讃岐侵攻に備え、新たに藤尾山に藤尾城が築かれ香西氏の本拠はそちらへうつった。この藤尾城の支城が作山城である。のち、香西氏は長宗我部氏と和議を結んだ。

しかし天正13年(1585年)豊臣秀吉の四国征伐で香西氏は破れ、これら香西氏の城は廃城となった。

参考文献
四国の建設のあゆみ

勝賀城の口コミ情報

カーネル様[2016年08月31日]
予讃線の鬼無駅から
城は北西ですが改札は東側しかないので、歩道橋で線路を超えてから県道33号を北上します
10分くらいで、小さい「勝賀城1.5km」の看板があるので左折して西へ

途中にある神社が佐料城なので、ちょっと寄り道。往復5分くらいです

登山道はいくつかありますが、道中の道標に従うと南から登ることになります
登山口への道中には3回のY字の分岐がありますが、道標もあります。分岐を超えるたびに道は狭くなります

フェンスを越えると山道になり、あとは先人の書き込みの通りです。主郭を囲う土塁は見事です

一度、草刈り機を背負って登っている方を見たことがあります。かなりの急坂なのに
本当にありがとうございます

駅から往復で2時間を少し切るくらいでした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

三つ餅近江守Silvine様[2016年03月31日]
県道33号を高松方面より南下し、JA香川のフルーツの里を越えて2つ目の信号を右折します。
道は細く少しわかりにくいですが、曲がる交差点に看板がたっています。その道を看板に従って直進します。住宅地を抜けるとみかん畑になり、十字路のところに城の説明板があります。
十字路をまっすぐ進み、みかん畑の中を登っていくと、左手に山に入る入口と獣除けのフェンスがあり、その手前に車を停められます。
山道は登りはきついですが、整備されていて歩きやすく、道もわかりやすいです。猫ひたい、猫の背、馬かえしを抜け、25分程で城内へたどり着きます。

城跡は木が伐採されていてかなり見やすく、景色も一望できます。
主郭の土塁は技巧的で、奥には石組も確認できました。なお主要部以外は藪になっているところもあります。

総じて、登りやすく、見やすく、また見応えのある山城です。
一度行って見る価値はあると思いました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore