勝賀城(かつがじょう)

勝賀城の基本情報

通称・別名

所在地

香川県高松市鬼無町佐料

旧国名

讃岐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

香西資村

築城年

承久3年(1221)

主な改修者

主な城主

香西氏

廃城年

天正13年(1585)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(勝賀城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

藤尾城(香川県高松市)[1.7km]
芝山城(香川県高松市)[2.1km]
筑城城(香川県高松市)[2.5km]
黄峰城(香川県高松市)[3.4km]
室山城(香川県高松市)[5.5km]
高松城(香川県高松市)[6.5km]
北岡城(香川県高松市)[6.6km]
高屋城(香川県坂出市)[7.3km]
向城(香川県高松市)[9.2km]
城山(香川県坂出市)[10.1km]

勝賀城の解説文

勝賀城(かつがじょう)は、香川県高松市鬼無町佐料にあった日本の城である。

概要
勝賀城は中世讃岐国の豪族・香西氏の城で、高松市西部の勝賀山に位置していた山城である。現在は山上に土塁や井戸等の遺構が残っている。

承久3年(1221年)、承久の乱で戦功をあげ、香川・綾両郡の郡司に任じられた香西資村(藤原資村)は勝賀山山上に城を、東麓に平時の居城である佐料城を築き、以後香西氏の本拠となった。

室町時代になると、香西氏は讃岐国領主で室町幕府管領の細川氏の臣下として重きを成し、また瀬戸内海の塩飽水軍や村上水軍と連携し、貿易を行ったため、香西の城下町や港は大いに栄えた。この香西城下町は、敵の襲来に備え、迷路のように道が入り組んでいたため「香西の向き向き」と呼ばれた。讃岐国領主が細川氏から三好氏、十河氏にうつると、香西氏はこれに従った。

天正3年(1575年)、長宗我部元親の讃岐侵攻に備え、新たに藤尾山に藤尾城が築かれ香西氏の本拠はそちらへうつった。この藤尾城の支城が作山城である。のち、香西氏は長宗我部氏と和議を結んだ。

しかし天正13年(1585年)豊臣秀吉の四国征伐で香西氏は破れ、これら香西氏の城は廃城となった。

参考文献
四国の建設のあゆみ

勝賀城の口コミ情報

2021年07月19日 内記かずりヾ(・ε・。)
勝賀城



勝賀城は標高364.1mの勝賀山山頂に主郭が存します。南麓からの比高は280m位でしょか。が、林道を使って車でかなり比高を稼げるので、徒歩で登る比高は200m位だと思います。又、登山道入口は2箇所程あるようですが、結局は同じ道となります。

築城年代は承久三年、築城者は新居資村で、承久の乱において幕府方となった資村はその功により香川郡12郷、阿野郡4郷を支配し、勝賀山東麓に居館である佐料館を築き、山頂に詰城として勝賀城を築きました。その際にどうやら姓を香西に改めたようです。

香西氏は讃岐国司であった藤原北家の流れを汲み、二代讃岐藤原氏、藤原資高が地名を取って羽床氏を称し、その四男の資光が新居氏を称した事に始まります。室町時代以降は讃岐守護、室町幕府管領であった細川京兆家に従い、細川四天王と呼ばれた時期もある讃岐東部最大勢力の国人でもありました。そして室町時代、戦国時代を通じて上香西氏と下香西氏に別れ、それぞれ別の道を歩む事となります。

お城は山頂部に広大な主郭と郭を持つ香西氏に相応しい縄張を持っています。主郭の土塁の残存率が極めて高く、喰違虎口も明瞭に残ります。主郭周りは空堀と土塁を回し、郭の一部には石積みも見られますが、ちょっとこの時期は厳しい草写真しか撮れません。土塁には要所で横矢が掛けられたりなんかもする芸の細かさがあったりもしますね。

武蔵の住人なのに「信濃のお城と比べると…」等と御配慮頂く事が多い自分ですが、他地方のお城にそれと同じものを求めていません。大体、信濃のお城なんて貧乏感MAXだし、細尾根に築かれたそれは数十人から数百人の戦(隣人同士の喧嘩ってやつさ〜)しか想定していないものが大多数を占めます。10m×10mの主郭とはレベルが違う勝賀城の主郭はその城主の勢力を物語るに十分なものでありとても新鮮に感じました。お城の成立はその地方の時の情勢や権力、財力、人物、技術、地形が密接に影響しているものだと考えます。讃岐には讃岐でしか成しえないお城があり、往時の香西氏が築く事が出来たお城がこの勝賀城だと思います。広大な主郭からその軍役人数を割り出す事だって可能(そう此処は詰城なのだ…)でしょう。

室町幕府に大きな影響力を保ち続けた香西氏の素晴らしいお城です。瀬戸内海を一望出来るロケーションも素敵です。皆様も是非訪ねてみて下さまし!

2021年05月21日 龍馬備中守【】
佐料城[勝賀城  周辺城郭]



香川県の高松市にある佐料城☆住宅地の中にその名残を残します☆
佐料城は香西資村が築城しました♪
背後の勝賀城が詰城となっていて佐料城は平時の居館として同時期に築かれました☆天正その後は香西佳清は藤尾城の築城を開始しました☆香西氏は藤尾城へ居城を移して行きます☆

今も宅地内に堀跡の名残(側溝等)城域の輪郭は残ってます♪

2019年04月24日 大隅守
駐車場[勝賀城  駐車場]



登城口です。

2016年08月31日 カーネル
勝賀城

予讃線の鬼無駅から
城は北西ですが改札は東側しかないので、歩道橋で線路を超えてから県道33号を北上します
10分くらいで、小さい「勝賀城1.5km」の看板があるので左折して西へ

途中にある神社が佐料城なので、ちょっと寄り道。往復5分くらいです

登山道はいくつかありますが、道中の道標に従うと南から登ることになります
登山口への道中には3回のY字の分岐がありますが、道標もあります。分岐を超えるたびに道は狭くなります

フェンスを越えると山道になり、あとは先人の書き込みの通りです。主郭を囲う土塁は見事です

一度、草刈り機を背負って登っている方を見たことがあります。かなりの急坂なのに
本当にありがとうございます

駅から往復で2時間を少し切るくらいでした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです


2016年03月31日 近江守Silvine
勝賀城

県道33号を高松方面より南下し、JA香川のフルーツの里を越えて2つ目の信号を右折します。
道は細く少しわかりにくいですが、曲がる交差点に看板がたっています。その道を看板に従って直進します。住宅地を抜けるとみかん畑になり、十字路のところに城の説明板があります。
十字路をまっすぐ進み、みかん畑の中を登っていくと、左手に山に入る入口と獣除けのフェンスがあり、その手前に車を停められます。
山道は登りはきついですが、整備されていて歩きやすく、道もわかりやすいです。猫ひたい、猫の背、馬かえしを抜け、25分程で城内へたどり着きます。

城跡は木が伐採されていてかなり見やすく、景色も一望できます。
主郭の土塁は技巧的で、奥には石組も確認できました。なお主要部以外は藪になっているところもあります。

総じて、登りやすく、見やすく、また見応えのある山城です。
一度行って見る価値はあると思いました。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore