大富山城(おおとみやまじょう)

大富山城の基本情報

通称・別名

大富城

所在地

広島県庄原市西城町栗他

旧国名

備後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

宮高盛

築城年

天文2年(1533)

主な改修者

主な城主

西城宮氏、天野氏(毛利氏家臣)

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、堀切、畝状竪堀群

指定文化財

市史跡(大富山城跡と二の丸跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

五品嶽城(広島県庄原市)[14.4km]
甲山城(広島県庄原市)[16.7km]
蔀山城(広島県庄原市)[20.2km]
湯谷城(鳥取県日野郡)[21.8km]
有福城(広島県府中市)[24.0km]

大富山城の解説文

大富山城は、久代宮氏によって築かれ、その拠点として利用された城郭である。

その後、久代宮氏は毛利氏支配下に入り、転封などを経て何度か城主が変わった。

関ヶ原の戦い後、安芸・備後に福島正則が入ったころに廃城となった。

大富山城の口コミ情報

アオコ様[2018年06月27日]
庄原市立西城小学校の近くに登山口あります。

近江守Silvine様[2018年04月07日]
国道183号、西城ふれあいセンターを南へ。西城川を渡る手前に「西城浄久寺のカヤ」の案内があるので、それに従って浄久寺へ向かいます。奥へ進むと左が寺ですが、右へと進むと墓地がありその前を通って林道に入ります。水道施設、トンネルを抜けると未舗装になりますが、しっかり固められた道で普通車でも充分上がれると思います。
寺から2kmほどで大堀切にたどり着きます。説明板と駐車スペースあり。そこから主郭までは15分もあれば到達できます。基本的には守りは天然の断崖に任せた、主郭を中心に同心円上に曲輪を配置したシンプルな城です。
大堀切から反対側の尾根筋にも曲輪群があったようで、こちらには堀切や土塁を確認できます。

青き巨星弾正忠かみさん様[2014年06月26日]
大富山城は本城と搦城の物見が丸で構成され、本城、大堀切、連結郭、物見が丸、二重の空堀で並んでいます。
全部写真を撮りましたが全部お見せ出来なくて残念です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore