中野城(なかのじょう)

中野城の基本情報

通称・別名

所在地

和歌山県和歌山市中野41

旧国名

紀伊国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

雑賀衆

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

貴志氏

廃城年

遺構

石垣、横堀跡

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

木本城(和歌山県和歌山市)[1.7km]
中津城(和歌山県和歌山市)[4.0km]
湊御殿(和歌山県和歌山市)[4.2km]
和歌山城(和歌山県和歌山市)[4.3km]
薗部城(和歌山県和歌山市)[4.9km]

中野城の解説文

中野城(なかのじょう)は、紀伊国(現・和歌山県和歌山市)にあった日本の城。

概要
中野城は、築城時期は不明であるが、貴志教信の城であった。

戦国時代は、雑賀衆の支城としての役割を果たしていた。

孝子峠越えと大川峠越えのルートが集まる要衝で、和泉国方面から紀伊国の入口にあたるという地理的条件から、天正5年(1577)織田信長による第一次紀州征伐を迎え撃つための前線基地となった。

しかし、2月に中野城は落城し、織田信忠が本陣を構えた。居城の雑賀城を攻められた鈴木孫一(雑賀孫一)ら雑賀衆は3月に降伏した。(信長公記)

遺構として、石垣が現在は民家の塀の下に使用され残っている。

中野城の口コミ情報

小夜月左衛門佐三葉様[2018年05月08日]
『近畿の城郭』Ⅲ、『和歌山城郭研究』13を熟読して、今一度、中野城へ。
石垣の違和感はあながち、間違いでなかったようです。新谷和之氏の研究によれば、現在城址の西を南流する土入川は、中世には流路ははっきりせず、薗部荘の和泉山脈山麓部の集落帯と、海岸砂丘上の集落帯に挟まれた「中野」を比較的自由に流れていたとされています。その水路に守られた「中野城」を、孝子越えで侵入する敵を戦略的に迎撃するために、雑賀衆が運用したと説明されます。
城郭の位置については、流路の変遷があり確定しにくいとされながら、現在の案内板が建つ小字「長左」の位置ではなく、水路を堀跡として考えた場合、発掘された堀跡との位置的関係や、周囲の水田から一段高い位置にあり安定した土地と言える東に隣接した小字「道意」ではなかったかとされています。伊藤俊治氏によれば、「道意」は「土居」が転じたもので、城郭があった事を示す地名とされています。
当該地は、完全に一般住宅なので写真は遠慮しました。

小夜月左衛門佐三葉様[2018年04月08日]
すでに情報に上がっていますが、スーパーオークワパーツシティの裏側(北側)駐車場に隣接しています。昼間は駐車場こらのゲートが開いていますので説明掲示板まで行けます。夕方・夜、ゲートが閉まると、城郭の北側の貴志南小学校方面からアクセスできます。城郭跡は完全に私有地・住宅地ですので、訪城には周辺住民の方への配慮が必要です。
あくまで私見ですが……城郭跡に残る石垣が当時のものと説明がネット上には見られるのですが……?ご近所のお宅の住宅地の下にも同じ材質・積み方の石垣があるので……違わない???年代物に見える石もあるので、積み直しはあるかもしれないですが。

こぱんだ左馬助様[2010年07月25日]
スーパーオオクワの駐車場からすぐの所にありました

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore