城生柵(じょうのさく)

城生柵の基本情報

通称・別名

(城生遺跡)

所在地

宮城県加美郡加美町城生字裏他

旧国名

陸前国

分類・構造

古代城柵

天守構造

なし

築城主

不明

築城年

奈良時代

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

遺構

井戸跡、門跡、竪穴住居跡

指定文化財

国史跡(城生柵跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

中新田城(宮城県加美郡)[1.2km]
名生城(宮城県大崎市)[4.9km]
岩出山城(宮城県大崎市)[8.1km]
古川城(宮城県大崎市)[8.9km]
宮沢城(宮城県大崎市)[9.1km]

城生柵の解説文

城生柵跡(じょうのさくあと)は、宮城県加美町城生にある遺跡。ただし、「城生」は現在の地名によるもので、かつてのどの施設に比定するかについては諸説ある。国史跡。

概要
1955年(昭和30年)に近くの菜切谷廃寺の調査の際に遺跡の存在が確認され、1976年(昭和51年)以後本格的な調査が行われた。 東西350m・南北370mの規模で周囲に溝を伴った築地が巡っている。内部には竪穴式住居・掘立柱建物・倉庫の礎石跡などがみられる。他に瓦や土師器・須恵器・鉄器なども出土している。 この遺跡が何らかの官衙の跡であることは確実であるものの、どこの官衙に比定されるかについては諸説がある。玉造柵説・色麻柵説・賀美郡家説などが出されたものの、いずれも反論も出されており、結論が出されていない。だが、その遺構の状況から多賀城などと並んで律令国家による東北地方支配の拠点の1つであったとみられている。

参考文献
中島直「城生柵跡」(『宮城県百科事典』(河北新報社、1982年) ISBN 978-4-873-41001-2)
桑原滋郎「城生柵跡」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9)

城生柵の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore