花巻城(はなまきじょう)

花巻城の基本情報

通称・別名

鳥谷ヶ崎城

所在地

岩手県花巻市城内

旧国名

陸中国

分類・構造

平山城

天守構造

不明

築城主

稗貫氏

築城年

享禄年間(1528〜1532)

主な改修者

北信愛、北秀愛、南部氏

主な城主

安倍氏、奥州藤原氏、稗貫氏、北氏、南部氏

廃城年

明治2年(1869)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸、移築門、時鐘堂

指定文化財

市史跡(花巻城本丸跡)

再建造物

復元門(西御門)、模擬塀、説明板

周辺の城

小瀬川館(岩手県花巻市)[4.4km]
寺林城(岩手県花巻市)[8.9km]
黒岩城(岩手県北上市)[9.4km]
毒沢城(岩手県花巻市)[11.0km]
岩崎城(岩手県北上市)[13.9km]

花巻城の解説文

花巻城(はなまきじょう)は、別名鳥谷ヶ崎城(とやがさきじょう)ともいい、陸中国(当時は陸奥国)稗貫郡花巻(現在の岩手県花巻市花城町)に位置した城。関ヶ原の戦いの際にこの城で行われた花巻城の夜討ちは地元民や岩手県民の語り草となっている。

歴代の陸奥国盛岡藩の花巻郡代の居城である。

歴史・沿革
安土桃山時代
花巻の地に最初に根拠地を置いた武士は平安時代末期の安倍頼時である。稗貫氏が天正19年(1591年)の奥州仕置で没落すると、同年に南部氏の家臣である北秀愛が花巻城を築城した。

花巻城はかつては鳥谷ヶ崎城と呼ばれ、前九年の役の安倍頼時の城柵のあった地と伝えられている。戦国時代には稗貫氏の本城であったが、天正18年(1590年)豊臣秀吉の小田原攻めに際して、稗貫氏は参陣しなかったため領地を没収され、秀吉の代官浅野長政の家臣浅野重吉が入城した。

天正19年(1591年)、鳥谷ヶ崎城は花巻城と改められ、北秀愛が城代となるが、慶長3年(1598年)秀愛が死去し、かわって父の北松斎信愛が城代となる。同5年(1600年)南部氏が山形へ出陣している隙を狙い、和賀義忠の遺児忠親が一揆を起こしたものの、北松斎はそれを撃退した。

江戸時代
北松斎は慶長18年(1613年)に死去するまで花巻城および城下町の整備に努めた。その後、南部利直は次男政直に2万石を与え花巻城主とし、政直は花巻城を近世城郭として完成させた。その際に本丸に二層二階の櫓や多くの重層の城門が建てられた。一国一城令ののちも南部の抱え城として認められた。政直急死以後は城代が置かれ、花巻城は和賀・稗貫二郡を統括する政治の中心地となったが、明治2年(1869年)廃城となって取り壊された。

考古資料
遺構
現在、その遺構として残るのは円城寺門と時鐘堂(どらとも花巻市有形文化財)だけあるが、近年西御門が復元され、その周辺は歴史公園として整備されている。

円城寺門は、慶長19年(1614年)藩主南部利直の命により花巻城主となった南部政直が、和賀氏の居城であった飛勢城の追手門を移築し、花巻城三の丸搦手の円城寺坂に建てたので、円城寺門と命名された。江戸時代に4回ほど修築が行われ、その後も2回屋根の葺き替えが行われた。廃藩後の明治4年の花巻城取り壊しの時に北上市更木の福盛田氏に払い下げられ、解体して北上川を船で下り、自邸の門とした。昭和7年(1932年)に福盛田氏より花巻市の平野立乾(軍医)がこの門を買い、鳥谷ケ崎神社境内東南隅に移設した。その後、老朽化の為大きく壊れていったが、昭和36年(1961年)に花巻市の助成金を受け、神社の東南口の現在地に復元移設された。

花巻城の口コミ情報

鼓舞左衛門督勘助様[2017年05月13日]
なるべく近い駐車場を探したが、武徳殿駐車場が弓道大会で満車。西御門入口石段下の車道に停車用スペースが一台分あったので止めさせて頂きました。西御門の下は空堀になっているが、当時は水堀だったようです。南側から下に降りれました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore